お知らせ
人気修理

2017年05月24日
レッドウィングの中物

こんにちは。
谷口です。


本日は修理屋だから分かるレッドウィングの作りについてお話しします。






2足のレッドウィングをミッドソールから剥がした物になります。
上は96年頃の875で、下は00年の2877です。

見比べていただいたら分かると思いますが中に詰められている"モノ"が違います。

靴の中底(インソール)とアウトソールの間にクッションとして詰められている物を中物といいます。
基本的にレッドウィングの中物は上の画像の練りコルクになります。

ただ中には下の画像のようなスポンジが入っている場合があります。

今まで沢山のレッドウィングのソールを剥がしてきた結果、このスポンジが多いのは90年代中旬(半円タグ)から00年頃にかけてがほとんどです。
(といってもこの年代でもスポンジのパターンはそこまで多くはありません)
おそらくこの頃は日本で爆発的に人気が出て量産体制になり、コルクの手間を省く為にスポンジにしたものと考えられます。
その他ではコストの削減も考えられますが00年頃以降練りコルクに戻っています。
ただ、極まれに00年以降でもスポンジが使われた物を目にする事があります。
レッドウィング社の工場が1つではなくいくつかに分かれている為に管理出来ていなかった物かアメリカ人の適当さなのか分かりません。。
(ちなみに片足スポンジ、片足練りコルクもありました。アメリカ適当すぎる。。)
もちろん当店ではミッドソールから交換いただく場合は中物をコルクに詰め直していますのでご安心下さい。

履き心地は正直履き比べた事が無いので分かりませんが、やはりコルクの方がいいですよね。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair









  

Posted by BECKMAN at 00:02修理

2017年05月23日
866ペコス×Vibram#4014+丸洗い+プルストラップ補強

こんにちは。


この時期でも風邪が流行っているそうです。
乾燥が原因で喉からのやられるそうです。
そしてここにも喉からの風邪をひいた人間が一人います。
皆様ご留意くださいませ。







866ペコス。
丸洗い後にVib#4014VibゴムMIDでソール交換です。
プルストラップ補強縫いもしています。







プルストラップ補強ですが、一度ストラップを外し、裏に革と補強テープを仕込んで縫っています。
強度よりは風合い重視で元の革をそのまま使用しています。
より強度を出すのであればクロムエクセル等質感の近い革でのプルストラップ作成になります。

そして丸洗いですが、今回のようにオイルの入り過ぎたアッパーをリセットするという意味でもオススメです。

ソールはMID込みで10,500円、丸洗い3,000円、今回のストラップ補強は2,000円でそれぞれ消費税をいただいております。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:06Pecosミシン修理

2017年05月22日
9016ベックマン×Vibram#700黒コルク

こんにちは。



明日は大阪の貝塚市に行く用事があり個人的にお休みいただきます。
二色の浜というところです。
貝塚市の皆様よろしくお願いいたします!!






9016ベックマンをVib#700黒コルクレザーMID3.5㎜(ライトブラウン)でカスタムしました。
ヒールは直付けです。








重厚感はありますがどことなくスマートなのは、やはりベックマンブーツの気品でしょうか。
とにかく、凄く良い変貌を遂げたのではないかと思っております。

こちらで14,500円+税でした。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:04Beckman boots

2017年05月21日
8101×Vibram#430-ヒール直付け+丸洗い

こんにちは。



完全に夏のような気温。。
とは言っても、数年前からこの時期でこれくらいの気温が普通になりましたね。
8月になったら身体が溶けてしまいそうです。
これも数年前から言ってます。





8101ラフアウトOXです。
丸洗い後にVib#430レザーMID3.5㎜(ライトブラウン)でソールカスタムしました。
ヒールは直付けです。





OX=短靴のご注文が非常に多いです。
実際にここ2,3年でOXの型番も増えています。
お好みの1足を選びやすくなったのではないかと思います。
修理のご依頼お待ちしております!!

ソールは14,000円、丸洗い3,000円で共に税抜きになります。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair









  

Posted by BECKMAN at 00:02Oxford

2017年05月20日
ヌバック

こんにちは。
谷口です。


本日はUSA限定モデル2877のお手入れになります。
見た感じ何の素材?と思われるかもしれませんがこちらはヌバックレザーになります。





1.汚れ落とし


ラテックス&スプラッシュブラシ ¥700+TAX ※ゴム×スポンジのリバーシブルです

よっぽどの汚れでない限りはこちらのラテックス&スプラッシュブラシゴム側で軽く擦り落としてください。
ひどい汚れなどはスエードクリーナーを使っていただいても大丈夫です。



2.栄養補給


スエードカラーフレッシュ ¥1,500+TAX

ヌバック=起毛素材ですのでスエード用栄養分+防水のスプレーを使用してください。
ベックマンではスエードカラーフレッシュを使用しています。
普段から栄養分+防水スプレーを使用していただく事で色の退色シミを防ぐ事が出来ます。



3.ブラッシング



ラテックス&スプラッシュブラシスプラッシュブラシ側(スポンジ)でブラッシングします。
この際スエード用のツイストワイヤーブラシでは毛足が短いヌバックには強すぎるのでオススメしません。


一見お手入れが難しそうな"ヌバック"ですが、起毛素材という事を理解しておけば意外とお手入れは簡単です。
レッドウイング以外のヌバックや毛足の短いドレスのスエード靴にも同じお手入れ方法で問題ありませんよ。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:05お手入れヌバック