お知らせ
人気修理

2017年04月28日
ブラッククロンダイク

こんにちは。
谷口です。

本日紹介するお手入れは98709874に使われているブラッククロンダイクになります。



ブラッククロンダイクとは?

70〜90年代ごろのブラッククロームの中には茶芯と呼ばれる革が存在しました。

現在のブラッククロームは芯まで染み込ませているので革の内側を見ても真っ黒です。
この茶芯と呼ばれているものは名前の通り芯を茶色に染めている革です。

その茶芯には色々な説があります。


現在の染色技術より劣るがゆえ、コストを考え表面のみしか染めなかったため。

茶色い革と黒い革を作るのに同じ茶色になめした革を使うことで在庫リスクを抑え生産効率を高めるため。


など今でもハッキリしていません。
アメリカによくある話ですね。

そんな茶芯を再現したといわれている革がこのブラッククロンダイクです。
ただ再現する為試行錯誤し、オイルの含有量を極力減らす事で成功したそうです。


オイルの含有量を減らしてもオイルドレザーですのでお手入れはオイルを入れてあげます。


・まずは古いオイル(クリーム)を落とします

ステインリムーバーで古いオイル(クリーム)を落とします。
この汚れ落としは毎回する必要は無く3〜4回のお手入れのうち1回するぐらいで大丈夫です。


・オイルを入れる

オイルの含有量が少ない=他のオイルドレザーに比べると乾燥しやすいのでこまめなオイル補給が必要な革です。
さらに浸透しにくいので状態にもよりますが浸透性のいいマスタングペーストがオススメです。(ブーツフィニッシュでも問題ありません)



状態にもよりますが2〜3時間ぐらいでブラッシングして余分なオイルを弾いてあげます。

こまめなオイル補給といっても面倒に思う方も多いかと思います。
そんな時はいつも使っているオイル用のブラシでブラッシングして下さい。
使い込んでいるオイル用のブラシの毛にはオイルが染み込んでいるので、それでブラッシングするだけで表面の乾燥が防げます。


・更にツヤを出されたい方は靴クリーム

更にツヤを出されたい方はオイルを浸透させた後に靴クリームを使用して下さい。
今回オススメしたマスタングペーストは表面に残らずサラッとしているので靴クリームとの併用も問題ありません。
市販されているミンクオイルだとベトツキが強いため靴クリームとの併用はオススメしません。


使い込む事で茶色(茶芯)が浮かび上がってきます。
補色して欲しいと言う方もいらっしゃいますが、せっかくのブラッククロンダイクですのでアジとして楽しんでいただく事をオススメします。

第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

2017年04月27日
8050フォアマン×Vibram#700茶コルクヒール

こんにちは。


本日松村不在でしたが、雨の中沢山のご来店があったと報告を受けております。
心から感謝しています。
明日も不在です谷口のみの対応となりますが、聞き取りにくい発音が多いので、その場合は「えっ??」を繰り返していただいて結構です。








8050フォアマンのトップリフト(カカトのゴム)交換です。
純正ではありませんが、同じ材質のVib#700茶コルクヒールで修理しています。







最近トップリフト交換がめちゃめちゃご注文多いのでブログアップさせていただきました。

コルクヒールは4,200円、#700・#430・#100等のヒールは3,700円、QUABAUG3,200円で全て消費税をいただきます。
納期は今なら早くて3日後のお渡しになります。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:13other

2017年04月26日
It's A Beautiful Day!

こんにちは。
谷口です。

本日はリンクも貼らせていただいているIt's A Beautiful Dayさんにお邪魔しました。

アメ村老舗古着屋It's A Beautiful Day
古着好きな方は昔からお世話になっている方も多いのではないでしょうか。
とにかくデッドストックが多く驚かされます。


今回はこちらのお店のアイテム紹介をさせていただきます。



80年代前半フルーツオブザルーム70〜80年代ヘインズポケTになります。
デッドストックでこの量は流石です。
最近アメリカ製のポケTという事だけで中古で3,000円以上が当たり前になってしまっていますがこちらはデッドストック2,900円+TAXとかなりお買い得です。





It's A Beautiful Dayさんと言えばのデッドストックブーツ
好きな人にはたまらないブーツだらけですね。
この辺りのデッドストックはまず見つからないですね。

中でも自分的にはBUFFALO BOOTがレア過ぎです。
WHITE'S(ホワイツ)と同じ工場で生産されていて90年代頃にそのWHITE'Sに買収されたメーカーです。
トゥに芯の入っていないソフトトゥスタイルになります。
もちろん作りは折り紙付つき。
中古で見つかる事もあまり無いのにデッドストックとは驚きです。

気になる方は是非お店まで足を運んでみて下さい!!

第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair




  

Posted by BECKMAN at 00:02谷口!

2017年04月25日
866ペコス×Vibram#4014+丸洗い+サイドステッチほころび縫い

こんにちは。



もうすぐゴールデンウィークですね。
今年は2日間だけ個人的にお休みいただく予定ですが、どこに行っても混んでいるんだろうなと思うと今から憂鬱です。

じゃあ休むなよ!!

そうなんです。
でも休みます。







866オロラセットペコスを丸洗いしてからVib#4014VibゴムMIDでオールソールです。
ペコスの宿命、サイドステッチのほころび縫いもしております。







復活しました!!
これから休ませるお客様も丸洗いでスッキリさせてからしまってあげるとカビのリスクは軽減されます。
昨年はカビが凄く多かったのですが今年はどうでしょうか。
気を付けてくださいね。

ソールはMID込みで10,500円、丸洗い3,000円、ほころび縫いは800円~で全て税抜きになります。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:16Pecosミシン修理

2017年04月24日
8271赤茶エンジニア×リウェルト+Vibram#705+フロントダブルMID

こんにちは。



神戸店のお客様が大阪ブログでの掲載をご希望でしたので、今日のブログはバックが神戸店という不思議な感じ。






8271オロラセットのエンジニアです。
スチール抜き先芯作成のためリウェルト(フラット・幅広・ナチュラル・シングルステッチ)をしてからVib#705ダブルMID(3.5㎜+3.5㎜前のみ・ナチュラル)でオールソールです。







ハーフラバー+フロントダブルMID、ブログにはほぼ登場していませんでしたが解禁です。(少し大袈裟に言いましたが、そんなに大したことではありません。。)

何故ブログアップしなかったのか??

ハーフラバーを合わせてフロント3枚に対して後が1枚。
3枚から1枚に切り替わる部分に亀裂が入っているブーツを何足も見てきたからです
単純に、その部分に負荷がかかり過ぎるという事です。
出来ない事はないのですが、リスクを考えると修理屋としてはあまりやりたくないという気持ちでしたが、ご要望は多くいただいておりましたのでやっちゃおう!という事でブログに登場。
ということで、ご希望の方はお申し付けください

リウェルト・先芯作成も含めてソール交換代金29,000円+税になります。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:04Engineer