お知らせ
人気修理

2018年04月19日
101ポストマン×Vibram#1136+腰裏革当て補修+レザーパッチ

こんにちは。


ラスト変更サンプル、お問合せをちょくちょくいただいておりますが、出来上がり次第店頭にサンプルとして手に取ってご覧いただけるようにしていきます。
作業をしながらのサンプル作成になるので少しずつにはなりますが進めております。








101ポストマンの修理です。
ソールはVibram#1136+ゴムMID黒
両足カカト腰裏革当て補修(スムース)とレザーパッチもご注文いただきました。








自分ではあまり気付かない小指付け根の破れ。
特に内貼りがファブリックのモデルに多いこの破れですが、革をすいて貼り付ける修理=レザーパッチ・革パッチがございます。
穴が貫通する前に必ずご注文いただきたい修理になります。

そして、101ポストマンとVibram#1136の相性の良さ!!

ソールはMID込みで12,000円、腰裏革当て補修はOX丈で片足1,800円、レザーパッチは1ヶ所500円で全て税抜きになります。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:11Postmanミシン修理

2018年04月14日
101ポストマン×Vibram#2810 ※USED DRESS SHOES for sale は15日(日)まで!!

こんにちは。



ベックマン大阪での「USED DRESS SHOES for sale」は今週末15日(日)までとなります。
その後4月21日(土)からベックマン神戸にて残った靴+ローファーの販売を予定しております
ご来店お待ちしております!!








アフターのみですが101ポストマンの修理。
Vibram#2810ガムライト+ゴムMID黒でソール交換です。

最近人気の#2810。
スポンジが入っていることで、良くも悪くもカチッとした印象にはなりません
特徴は、ヒール付きなのに軽くてクッションが良く、ゴムも入っていることによるグリップと耐久性の向上と、良いところばかりのソールです。
カカトだけの交換ができないのが難点。(近い材質を使用して修理することは可能ですが、見栄えは少し悪くなります。。)

この組み合わせで11,500円+税になります。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:06Postman

2018年03月30日
101ポストマン×Vibram#269+腰裏革当て補修

こんにちは。



関西ローカルのTV番組で知ったのですが、ベックマン大阪のある豊中市庄内という地域、コロッケ激戦区なんですって。
ご来店されるお客様、コロッケの食べ比べとかしてみてはいかがでしょうか。
差し入れですか?いいえ、気を遣わないでください。






今日は101ポストマンの修理です。
Vibram#269レザーMID3.5㎜で、ヒールはVibram#700ヒールの直付けオールブラック仕様です。
腰裏革当て補修もしています。









ベックマン大阪ではここ数年でポストマンの修理が増えています。
そして、昔はVibram#4014や在庫があるタイミングだと純正クッションソールのようなワンピースソールがほとんどでしたが、いろんなバリエーションのご注文をいただき楽しく作業させていただいております。
ちなみに今回のVibram#269というソールは本来ウエスタンブーツ用のソールになります。
よりドレッシーにいくのであればヒールはQUABAUG+ヒールベース2枚なんていかがでしょうか。

ソールは14,000円、腰裏革当て補修は片足1,800円~で共に税抜きです。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:12Postmanミシン修理

2018年03月29日
ポストマンのタグ(SR/USA)

こんにちは。
谷口です。


本日は#101ポストマンに付けられているSR/USAタグについてです。



画像にあるサイドに縫い付けられた『SR/USA』タグは、スリップレジスタンスの認定試験という郵便配達員の安全性を守るための基準を満たしている商品にのみ取り付けられることが許されている、特別なタグとなります。
品質の証しですね。
このタグは80年代以降のポストマンに付属されています。

レッドウィングは全体的に古い物が出なく、このポストマンもタグ無しはなかなか見ません。
やはりリアルに使用しているので履きつぶしてしまうのでしょうか。


ちなみにポストマンは1954年に発売されました。
発売時は「ポリスマン、ポストマンまた駅員用の靴」とされていたようですが、USPS(米国の郵便局)に採用され、全米の郵便配達員が履くようになり、「ポストマン・シューズ」の愛称で呼ばれるようになりました。
歩き回る仕事ですのでクッション性が良く、雨にも強いガラスレザーが郵便配達員からするともってこいのモデルです。

これからポストマンが活躍する季節(梅雨含め)になりますので修理等お困りな事がございましたらいつでもご相談下さい!!


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:18Postman

2018年03月16日
101ポストマン×Vibram#7124シャークソール+腰裏革当て補修

こんにちは。



ステッカーやその他オリジナル商品を日々考案中!
乞うご期待!







101ポストマンの修理です。
Vibram#7124シャークソール(MOJAVE)+ゴムMIDスポンジMIDヒールにてカスタムです。
短靴の宿命、カカトの腰裏革当て補修(スムースレザー)も。






シャークソールのカーキ=MOJAVE、黒との相性良しです。
グリップと耐久性、思っている以上にあります。
こういう遊び心のあるカスタムは作業者としても楽しみながら作業させていただいております。

今回の組み合わせは12,000円、腰裏革当て補修は片足1,800円~で共に税抜きです。


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:13Postmanミシン修理