お知らせ
人気修理

2017年03月20日
9042ベックマンOX×Vibram#435+ほころび縫い

こんにちは。



以前ブログにも書かせていただきました、昔から知っていて性格だけがプレイボーイになっていたお客様、昨日ご来店下さいました。
さらにプレイボーイ具合に磨きがかかっていました。
人間どう変わるかわかりませんね。
※ご本人様にはブログ記事の了承いただいております!







9042ベックマンOXの修理です。
Vib#435+レザーMID4.5㎜(ライトブラウン)でソール交換です。
履き口のホコロビ縫いもしています。
※カメラ早く直すのでもうしばらく薄目でお願いいたします。







ハーフソールとトップリフト(カカトのゴム)がウレタンから合成ゴムに代わることによりクッションは少し劣るかもしれませんが、ゴムの厚みである程度カバーできます。
そして、MIDソールは紙と革の混合素材からレザーへの変更により雰囲気が圧倒的に良くなりました。
自分はアフターの方が好みです。

こちらで13,340円+税になります。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:06OxfordBeckman bootsミシン修理

2017年03月18日
8870×Vibram#4014+カウンター作成+丸洗い

こんにちは。








8870です。
最近ブログに登場してから凄くお預かり増えました。
こちらは丸洗い後にVib#4014+VibゴムMIDでオールソールです。
カウンター作成(腰裏革当て補修込)もしております。







カウンターが潰れていると酷い型崩れを起こします。
そうならないためにも、腰裏革が破れてしまった時には早めの修理をオススメします。

ソールはMID込みで10,870円、丸洗い2,860円、カウンター作成は片足4,770円でそれぞれ消費税をいただいております。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:07ミシン修理

2017年03月09日
8106×Vibram#430+腰裏革当て補修+丸洗い

こんにちは。



WBCを少し観てから、流れで話題のドラマ「カルテット」を少し観ました。
出演者の声が小さい?から全然聞こえない~。
でも面白そうでした。もう最終章らしいですが。







8106オックスフォード。
丸洗い後にVib#430レザーMID3.5㎜(ライトブラウン)でオールソールです。
腰裏革当て補修(スエード)+スポンジ3㎜もしております。







オックスフォード=ローカットが多いです!
皆様早い。
準備万端でこれからの季節を迎えることが出来そうですね。
それにしても寒すぎやしませんか…。

ソールはMID込みで12,860円、腰裏革当て補修+スポンジは3,560円、丸洗い2,860円で全て税抜きになります。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:10Oxfordミシン修理

2017年03月02日
101ポストマン×Vibram#2055+腰裏革当て補修

こんにちは。


今日と明日は家の用事+服屋さんや知人から靴の修理依頼と相談が数件あるので松村お休みいただいております。
走り続けた2月はあっと言う間でした。
近いうちに納期記事も上げるのでチェックよろしくお願いします。







カスタム済の101ポストマンをビジネスシューズとしても履けるようにとオーダーいただきました。
Vib#2055レザーMID3.5㎜で、アウトステッチも含めたオールブラック仕様です。
カカトの腰裏革当て補修もしています。







ポストマンをドレスシューズ寄りにカスタムする時に迷われるのが今回の#2055とダイナイトソール。
#2055はグリップと耐久性があり、ダイナイトは中央突起部分が出ており横からの見た目がスッキリしてシャープな印象に。
迷うところではありますが、いずれにしても少し遊び心を入れるとすればソール面のアウトステッチを白でご注文いただければ少しのハズシになるかと。

それにしてもビフォーもカッコいい。

今回のソール交換は12,860円、腰裏革当て補修は片足1,430円~で税抜きです。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:04Postmanミシン修理

2017年02月23日
2218ロガー‐PT91×シャフトカット+Vibram#2021

おはようございます!!



すみません、昨日はオチてしまっていました。
今日も自分はお休みいただいております。申し訳ございません!!
お仕事の皆様頑張って下さいね~





PT91のロガー2218をシャフトカット後にVib#2021茶レザーMID3.5㎜(ナチュラル)でソール交換です。
丸洗いもしています。







色んな意味で履きやすいロガーの出来上がりです。
シャフトカットは一律19,050円、ソールは10,870円の組み合わせで共に税抜きでした。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 07:37Loggerミシン修理