お知らせ
人気修理

2019年01月18日
875アイリッシュセッター半円タグ×Vibram#2021+カウンター交換+丸洗い

こんにちは。



久しぶりにフットサルしたいなぁ。
って、TVでやってたらいつも思ってしまいます。








875アイリッシュセッター半円タグ。
丸洗い後にVibram#2021+ゴムMIDベージュでソール交換です。
カウンター交換+腰裏革当て補修もご依頼いただきました。









カウンター=カカトの芯が潰れると高額修理になります。
ソールはもちろんですが、それ以外の部分もたまにチェックしてみて下さい。

そんな自分は、今日通勤で履いていたオックスフォードの腰裏が思いっきり破れていました。。

ソールはMID込みで10,500円、カウンター交換+腰裏革当て補修で片足5,000円、丸洗い3,000円で全て税抜きです。



  

Posted by BECKMAN at 00:04Irish setterミシン修理

2019年01月17日
1907クラシックモック×リウェルト+Vibram#4014+モカヌイ+丸洗い

こんにちは。



昨年タイでお世話になったタイ人の方がご来店下さいました。
感動の再会!!

となるはずが、坊主にされていたので一言目が髪型いじりでした。







凄く履き込まれた1907クラシックモック、ウェルトまで削れてしまったので丸洗い後にリウェルト(スプリット・ダークブラウン・サイドステッチ有り)。
ソールは純正に最も近いVibram#4014+VibramゴムMID茶、アウトステッチは生成りで。
モック部分のモカヌイ、カカトのほころび縫いも併せてご注文いただきました。










スプリットウェルトですが、サイドステッチは手縫いの為3,000円+リウェルト10,000円と、これだけでも高額な修理になります。
早めのソール交換を!!
それにしても綺麗になりました。お客様も喜んでくださって良かったです。

ソールはMID込みで10,500円、モカヌイは1,000円~、ほころび縫い800円~、丸洗い3,000円で全て税抜きになります。




  

Posted by BECKMAN at 00:16otherミシン修理

2019年01月10日
8002ワークオックスフォード×Vibram#4014+VibramゴムMID“白”+腰裏革当て補修

こんにちは。






8002ワークオックスフォードをVibram#4014+VibramゴムMID白でソール張り替えです。
カカトのグリップUPのため腰裏革当て補修(スエード)もご依頼いただきました。







純正が茶色のゴムMIDに対して、アフターは白のゴムMID。
たかが3㎜、されど3㎜。
印象大きく違ってきます。
悩みますよねぇ。

ソールはMID込みで10,500円、腰裏革当て補修はOXの場合両足で3,600円でそれぞれ消費税をいただいております。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:15Oxfordミシン修理

2018年12月29日
2268エンジニア-PT83×Vibram#4014+後ろダブルMID+バックル交換+傷補修

こんにちは。



もしかしたらこれが年内最後のビフォーアフター記事かもです。










履き込まれたPT83エンジニア2268。
丸洗い後にVibram#4014+ダブルMID(3.5㎜+3.5㎜後ろのみ・ダークブラウン)+VibramゴムMID+ケツハチ作成(アウトステッチ全周縫い)でソールカスタムです。
傷補修シャフトライニング補修バックル交換(真鍮)もしております。












復活!
屈曲部分は顔料系ではなく染料系のクリームで薄く補色しております。
そしてヴィンテージのエンジニア特有のシャフトの縦裂け防止にライニングに革を当てる修理なんかもございます。
状態によってはこちらからご案内させていただくかもしれません。

ソールはMID等全て込みで16,500円、丸洗い3,000円、バックル全交換7,000円、傷補修は1ヶ所1,000円~、ライニング革当て補修は今回は4,000円で全て税抜きになります。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:03Engineerミシン修理

2018年12月23日
2268エンジニア‐PT91×シャフトカット

こんにちは。



年末が近づくにつれてめちゃくちゃ忙しくなってきました。
時間が足りなくて焦りますが、忙しい時こそ冷静になるように心がけています。

忙しい時の松村の精神状態なんてどうでもいいので、一日でも早く仕上げます!!








PT91エンジニア2268をシャフトカットしました。

廃番になってしまったショートエンジニア。
もしシャフト丈が長いという理由で履かなくなったエンジニアをお持ちだったら是非ご検討ください。
タグ移植、ベルト移植等々、シャフトカットは一律20,000円+税になります。
※一部別途料金が発生するケースもございますのでご了承ください。






こちらがビフォーでした。


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:08Engineerミシン修理