お知らせ
人気修理

2017年05月24日
レッドウィングの中物

こんにちは。
谷口です。


本日は修理屋だから分かるレッドウィングの作りについてお話しします。






2足のレッドウィングをミッドソールから剥がした物になります。
上は96年頃の875で、下は00年の2877です。

見比べていただいたら分かると思いますが中に詰められている"モノ"が違います。

靴の中底(インソール)とアウトソールの間にクッションとして詰められている物を中物といいます。
基本的にレッドウィングの中物は上の画像の練りコルクになります。

ただ中には下の画像のようなスポンジが入っている場合があります。

今まで沢山のレッドウィングのソールを剥がしてきた結果、このスポンジが多いのは90年代中旬(半円タグ)から00年頃にかけてがほとんどです。
(といってもこの年代でもスポンジのパターンはそこまで多くはありません)
おそらくこの頃は日本で爆発的に人気が出て量産体制になり、コルクの手間を省く為にスポンジにしたものと考えられます。
その他ではコストの削減も考えられますが00年頃以降練りコルクに戻っています。
ただ、極まれに00年以降でもスポンジが使われた物を目にする事があります。
レッドウィング社の工場が1つではなくいくつかに分かれている為に管理出来ていなかった物かアメリカ人の適当さなのか分かりません。。
(ちなみに片足スポンジ、片足練りコルクもありました。アメリカ適当すぎる。。)
もちろん当店ではミッドソールから交換いただく場合は中物をコルクに詰め直していますのでご安心下さい。

履き心地は正直履き比べた事が無いので分かりませんが、やはりコルクの方がいいですよね。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair









  

Posted by BECKMAN at 00:02修理

2016年10月04日
MIDソール交換のすゝめ

こんにちは。






先月、これとは違うレッドウイングのコルク画像をFacebookにUPしました。

何故MIDソールが削れていないのにMIDソールの交換をオススメしているのか??
次の拡大画像をご覧ください。





踏み込み部分のコルクが潰れているのがおわかりでしょうか??
この状態でMIDソールを交換せずに、次のソール交換時期まで(約1年後??)履き続けると非常に良くない結果を招きます。

中底(インソール)の沈み込みを少なからず支えているコルクが潰れて無くなる=中底が沈み込み過ぎるんです。
そして、沈み込み過ぎた中底は戻すことができません

基本的にグッドイヤー製法の中底交換はオススメできないのですが、交換は可能です。
しかし、せっかく自分の足型に馴染んできた中底を交換すると、また一から馴染ませないといけない。。。



というように、修理屋として、永く履いていただけるためにMIDソールが削れていなくても交換をオススメするのが以上の理由からです。
もちろん、コルクの詰め替えアウトステッチの縫い直しも含んでおり、単純にMIDソールを交換した方が綺麗に仕上がるというのも大きな理由ですが。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair









  
Posted by BECKMAN at 00:10Irish setterLinemanPecosOxfordBeckman bootsotherPostman修理

2016年09月28日
BECKMAN限定復刻ソール!

こんにちは。
谷口です。



以前ブログでも宣言しましたウッドランドカモのカスタムですがまだ実現していません...
絶対に冬に活躍すると思うので出来次第ブログで自慢します。


ウッドランドカモ(ゴムミッドソール込み) ¥10,000+TAX


デザートカモ(ゴムミッドソール込み) ¥10,000+TAX


#132白(ゴムミッドソール込み) ¥11,000+TAX



秋、冬に向けて修理&カスタムが非常に増えてきています。
ベックマンオリジナル限定復刻ソールも注文をいただいており残り数も少なくなってきました。

特にカモ柄の方はデザイン的にインパクトがあるので挑戦しづらい部分があるかもしれませんが以外と馴染んでくれますよ!
カジュアルにはもちろんモノトーンにポイントとして合わせていただくのも絶対アリかと思います。


僕もカスタムが出来次第スタイルサンプル的な感じでブログに紹介します!
普通に飽きた方、コレクション、人と被りたくない方は是非!!

第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!夏のキャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair




  

Posted by BECKMAN at 00:01修理オリジナル商品

2016年09月17日
復刻カラーソールまだあります

こんにちは。
谷口です。





第3弾キャンペーンで紹介した復刻ソールです。

カモフラ柄(ウッドランド・デザート)・・・¥10,000+TAX(ミッドソール込み)
#132白・・・¥11,000+TAX(ミッドソール込み)

コレからブーツ季節になるとどうしても暗いトーンの服が増えてくると思います。
やっぱり冬でもオシャレは足元からです。

実は谷口、カラーソールでカスタム考え中です。
というか靴を手に入れたらします。

コレからの季節のスタイルに”ハズし”としていいかなと勝手に思っています。
またカスタムしましたら紹介します。


今回多めに注文していたのでまだあります!
是非ご注文お待ちしております!!


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!夏のキャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:01修理オリジナル商品

2016年07月28日
レッドウィングのタグ

おはようございます。
谷口です。



ベックマンにいると色々な年代のレッドウィングを見させていただけます。
という事で来月は画像付きでレッドウィングのタグの遍歴を説明させていただく予定です。

という事で少し画像を紹介します!








と、こんな感じで説明をふまえて紹介していく予定です。
好きな人しか興味は無いと思いますので好きな人は楽しみにしていて下さいね!


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!夏のキャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

第2弾キャンペーンはコチラの記事を⇒夏のキャンペーン第2弾「Boots Finish半額」!!



※配送でのご注文はコチラをご覧下さい。


※BECKMANでInstagram始めました!→「beckman_shoe_repair
http://instagram.com/beckman_shoe_repair/




  

Posted by BECKMAN at 07:00修理