お知らせ
人気修理

2016年11月19日
カッパー・ラフ&タフ

本日はカッパー・ラフ&タフのお手入れを紹介させていただきます。



まずラフ&タフとは?



表革(銀面)をヤスリやサンドペーパーで起毛させたもの=ヌバックにオイルを染み込ませたものになります。
一般的にはオイルドヌバックと呼ばれています。
それをレッドウィング独自のタンブル加工をして、永年履き込んだかの風合いを初めから楽しめるようにしたものがラフ&タフです。

レッドウィングでしたら1907や、9111、2972などがそれにあたります。
この素材はオイルでビンテージ感を出す事も出来れば乳化性クリームでツヤを出す事もできます。

オイルでのビンテージ感仕様
まずは汚れ落としです。
こちらは起毛素材ですがステインリムーバーを使用し古いオイルや汚れを取り除いて下さい。
乾くと色がだいぶ薄くなりますが問題有りません。
次にスエードカラーフレッシュを全体にスプレーし革に栄養分を与えてあげます。
スエードカラーフレッシュが十分に乾いた後はオイルで仕上げます。
この際使用するオイルですが、市販されているミンクオイルで仕上げるとベトツキが強過ぎ、ベタつき+起毛素材でホコリをキャッチしやすくなってしまいます。
ですのでなるべくサラッとしたオイルがオススメです。
ベックマンではマスタングペーストで仕上げていますがブーツフィニッシュでも問題は有りません。
最後に豚毛、化繊のブラシでブラッシングで完成です!


・乳化性クリームでのツヤだし仕様
汚れ落とし、スエードカラーフレッシュまでは同じお手入れになります。
次に乳化性クリームで起毛した毛を寝かすような感覚で塗っていきます。
最後に豚毛、化繊のブラシでブラッシングで完成です!
※乳化性クリームを使用すると特にヒビ割れを起こしやすくなるのでなるべくはステインリムーバーでの汚れ落としをして下さい。


ステインリムーバー ¥600〜+TAX


スエードカラーフレッシュ ¥1,500+TAX


マスタングペースト ¥2,800+TAX

どちらの表情も出す事が出来るラフ&タフ。
お手入れで自分好みに仕上げてあげて下さい!!

第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:48ラフ&タフ