お知らせ
人気修理

2018年12月15日
8168スエードペコス×Vibram#4014+丸洗い+腰裏レザーパッチ

こんにちは。



忘年会シーズンですね。
駅周辺、凄く荒れています。。




8168スエードペコスを丸洗い後にVibram#4014+VibramゴムMIDでソール交換です。
腰裏が破れていたので、応急処置でレザーパッチも。







パネルによって毛足の長さが全然違います。
現行ではあまり見ない仕様。
年代物のスエード・ラフアウトをお持ちの方で、こういうのお好きな方は丸洗いで復活するかも。

ソールはMID込みで10,500円、丸洗い3,000円、レザーパッチは1ヶ所500円でそれぞれ消費税をいただいております。


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:05靴修理その他Pecos

2018年11月29日
ミッドソール交換

こんにちは。
谷口です。

本日はオールソールの際にお選びいただくミッドソール交換についてです。



画像はミッドソールをバラした状態です。
長く履く事でコルクが沈み足に馴染んでくるのですが、履きすぎるとコルクが潰れてしまい履き心地も悪くなります
そしてそのままの状態で履き続けると、最悪中底の革の変形に繋がります。
中底は交換できるのですがリウェルトが必要となりかなり高額な修理になってしまいます。



こちらは90年代後半のレッドウィングでコルクではなくスポンジになります。
スポンジ、コルクの違いはこちらの記事にて紹介しております。

このようなパターンもあるのですが、足に馴染むを考えたらやはりスポンジよりはコルクが良いかと思います。

ただ交換して1年も経たない内に同じトラクションソールにする場合は、コルクにダメージがあまりないので必ず交換する必要はありません。


ミッドソール交換には上記以外にも、

綺麗に仕上がる
ウェルトを削るリスクが軽減される
※ウェルトが削られて細くなった等で交換の場合リウェルト(¥10,000+TAX)が必要になります。

といった点があります。

ミッドソール交換は選んでいただく素材によりますが¥1,500〜+TAX(アウトステッチ縫い込み)になります。
長年履かれてソール交換を考えている方はミッドソールからの交換をオススメします!



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:11靴修理その他

2018年11月26日
8853ネイビー・セッター×Vibram#4014黒+キズ補修

こんにちは。








8853ネイビー・セッターをVibram#4014黒+ゴムMID黒でオールソールです。
キズ補修もご依頼いただいております。








この8853をはじめ顔料仕上げの革には乳化性クリームでは補色はほぼ無理です。
顔料系クリーム、もしくは今回のようにキズ補修での補色になります。
なかなか色が入らないー!!と言って無駄にクリームを入れ過ぎることでギトギトになるので気を付けましょう。

ソールはMID込みで10,500円、キズ補修は1か所1,000円~で消費税もいただいております。


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:13靴修理その他

2018年11月11日
カビ!

こんにちは。
谷口です。





早速の画像ですが、見事なカビです。。
中底もかなりやられているのでおそらく中底裏のコルク部分もやられているかと思います。


ソールをバラした状態です。
パッと見はカビが生えてなさそうに見えるのですが、


リブテープの隙間にはしっかりカビが生えています。(少し分かりにくくてスミマセン。。)
この部分はミッドソールをバラさないと手が届きません。


カビ取り+丸洗い ¥3,500+TAX
カビ取り+スチームクリーニング ¥2,500+TAX

カビ取りには上記のメニューがあります。
しっかり除菌されたい方はオールソールとのご注文が確実にオススメです!



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:06靴修理その他

2018年11月04日
2268エンジニアブーツ×シャフトカット+バックル交換

こんにちは。



久しぶりの551蓬莱の豚まん×2個。
関西ではスタンダードな食べ物です。
寒くなってきたら無性に馬鹿食いしたくなりますね。




2268エンジニアブーツをショートエンジニア丈にシャフトカットです。
バックル交換+ベルト位置調整もしております。







廃番になってしまったショートエンジニアですが、再現可能です。
履き口折り返し・V字カットやタグ移植等々お値段少し高額にはなりますが、シャフト丈がネックで履かなくなっているエンジニアブーツをお持ちのお客様いかがでしょうか。

シャフトカットは一律20,000円、バックル交換+ベルト位置調整11,000円でそれぞれ消費税をいただいております。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:13靴修理その他Engineerミシン修理