お知らせ
人気修理

2017年11月17日
ベックマンなどのお手入れ

こんにちは。
谷口です。


本日はレッドウィングのクラシックドレスライン(ベックマン、キャバリーチャッカ)のお手入れ紹介になります。





ステインリムーバーorクレンジングウォーター古いクリーム汚れなどを取り除きます

こちらは毎回使う必要はなく、2、3回の手入れのうち1回か、雨の日に履いた後に使用していただく事をオススメします。
特に雨の日の翌日は、塩浮きと言って靴の中の水分がでていくのと同時に靴の中の汗などが表面に浮かび上がり、アッパーに白い模様が浮かび上がることがあります。
この表面に浮かび上がってきた汗などの塩分を取ってあげる事により"塩浮き"を抑えることが出来ます。

クレンジングウォーターは汚れ落としに天然成分が加わり、さらに革に優しくを実現した商品になります。
ステインリムーバーより少しトロッとしており、革に刺激を与えず汚れを取る事が出来、さらに落とした後の革に栄養分も入るのでしっとりした仕上がりになります。
お気に入りのスムースレザーにはオススメです。



靴クリームを入れます

ベックマンではM.MOWBRAYクリームナチュラーレを使用しています。
天然成分特有のいい匂いがし、更に革に栄養と光沢を与えてくれます。
靴の状態が綺麗なうちはニュートラル(無色)を使用し、革本来の色、艶を楽しむことをオススメします。
傷や色の抜けが出て気になるようでしたら、補色クリーム等を使用して下さい。
(ステッチが白い靴は色が移るので気をつけて下さい)
クリームを使用した後は豚毛化繊のブラシでブラッシングして下さい。

最後に防水スプレーを振ってもらえばお手入れ完成です。
今回紹介した手入れ方法は、もちろん他のドレスシューズにも応用していただけるので是非、参考にしてみて下さい!!



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair




  

2017年11月02日
WOODLORE

こんにちは。
谷口です。

以前から BECKMAN大阪、神戸ではシューツリーはウッドロアをセレクトしています。
何度かブログでも紹介していますが、今日はウッドロアのメーカーについて紹介します。





Woodlore(ウッドロア)は、アメリカの高級紳士靴メーカー「Allen Edmonds(アレンエドモンズ)」の子会社として1987年に創業しました。
当初から世界でアメリカ中東部でしか成育しないイースタン レッドシダーを使った最高級シューツリーを提供するというこだわりのメーカーでした。
レッドシダーの天然成分による優れた防臭防虫防カビ効果と品質の高さが支持され、今ではシューキーパーだけではなく、クローゼット用品なども販売しています。
ちなみにベックマンではシダースプレーシダーブロックシューフレッシュベルトキーパーソックスボックスなども扱っております。

高価なシューツリーが多い中、見た目や材質も良くコストパフォーマンスにも優れています
全ての商品がニスなどの塗装がされていない為、レッドシダーの効果が最大限に発揮されます。
ちなみにアメリカのシューツリー2大メーカーと言えば、某有名メーカーのシューツリーを手掛けるロチェスターと、このウッドロア になります。

ベックマンのお客様はこだわりを持ってお手入れをされている方も多いと思いますので、是非オススメのメーカーです!

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:02シューケア商品

2017年10月19日
ウッドロア シューツリー入荷!!

こんにちは。
谷口です。


最近神戸店でも紹介しましたが、大阪店でもウッドロアシューツリーが入荷しております。



ブーツにはなかなかピッタリするシューツリーはありませんが、それでも"最低限の形"を維持してくれるシューツリーを入れておく事で靴を永く履く事が出来ます。

"最低限の形"というのは、シワを伸ばしつつ余計な場所に負担をかけない、という事です。


ちなみにたくさんのラストがあるオールデンにはシューツリーは1型しかありません。
サイズ展開もXS〜Lと大雑把です。
しかしこれにはオールデンの考えがあって、靴は履く人によって形は様々です。
コルクも自分の足に合わせて沈んでいきます。
そんな持ち主の形を完全に元の形に戻すのではなく、程よく形を戻してあげるのです。
そうする事で持ち主に合わせて成長していく靴の邪魔をせず、長持ちさせてあげる。といった考えなのです。


お預かりするレッドウィング875でも同じ形は1つもありません
是非シューツリーを使用して靴を自分の形に成長させて永く履いてあげて下さい!!


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:02シューケア商品

2017年10月09日
カビクリーニング&対策アイテム

こんにちは。
谷口です。


10月に入ってもカビクリーニングの勢いは止まりません。
せっかくブーツシーズンになって、やっと履こうと思った靴にカビが生えていたら最悪ですよね。




強烈なカビでもよろこんでクリーニングさせていただきます!

カビ取り+スチームクリーニング (オイルアップ込み) ¥2,500+TAX

カビ取り+丸洗い(オイルアップ込み) ¥3,500+TAX

共に納期〜1週間


※状態によっては追加料金をいただく場合がございます。


靴のカビは強力です。
もし靴箱でカビが生えていたなら他の靴も確認しておいて下さい。


ベックマンではご自身でもケアできる商品もございます。

モールドクリーナー ¥2,000+TAX
こちらは何度も紹介しています、かなりオススメのカビ除去クリーナーです。
細かな詳細はこちらをご参照ください。


カビを除去したとしても1度カビが生えてしまった革は再発しやすくなってしまいます。
ですので保管時から出来るだけカビが生えにくい環境を作ってあげて下さい。

シューフレッシュ インサート(ウッドロア) ¥2,000+TAX
こちらはコットンバッグの中にアメリカンレッドシダーのチップが入っています。

靴に入れることにより脱臭、防湿、防虫効果を発揮してくれ、簡単なシューツリー効果も発揮してくれます。
仕事や旅行などで靴を持ち歩くときなんかには便利ですね!
乾燥させることで半永久的に使用できます。
もちろん靴箱に入れておくだけでも効果は発揮してくれます。


カビの再発防止アイテムとしていかがでしょうか!


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:03シューケア商品

2017年10月05日
オイルアップ

こんにちは。
谷口です。


ブーツ季節ということで久しぶりにレッドウィングを履かれる方も多いかと思います。
ずっと保管しておく事で革が乾燥したりしているので、久しぶりに履く前にはオイルアップをしてあげて下さい。

という事で今日はオイルドレザーの基本的なお手入れの紹介です。



①汚れ落とし
BECKMANではステインリムーバーをオススメしています。
このステインリムーバーは水性の特性を生かし、革の奥まで浸透して汚れ古いクリームやオイルまでも取り除いてくれます。

汚れ落としは毎回する必要はありません。
使用頻度にもよるのですが、2〜3回のお手入れで1回くらいで構いません。




②オイル
今回は2種類紹介します。

まずはマスタングペースト

こちらはかなり浸透性の良いホースオイルになります。
その浸透性の良さから、ほとんど表面に残らず奥へ奥へと入っていきます。
ただ気を付けていただきたいのは、浸透性が良すぎる事で革に柔軟性を与え過ぎ、ワークブーツ特有のコシが無くなってしまいます
そしてこの無くなったコシは戻すことは出来ません
ですので毎回の使用はオススメしません。

特に乾燥が酷い時や革の硬化が激しい時にオススメします。


そしてブーツフィニッシュ

こちらは当店のオリジナル配合により作られたミンクオイルです。
市販されているミンクオイルではベタつきが強く浸透性が良くありません。
よく次の日にブラッシングといいますが、それほど置かないと浸透していきません。
このブーツフィニッシュは程よいベタつき程よい浸透性(コシが無くなるまで浸透しない)が特徴です。

放置時間は革の状態にもよりますが、3〜5時間ほどで十分です。

基本的にはベックマンではこのブーツフィニッシュでレッドウィングを仕上げております。
ただ、革の状態にも応じてマスタングペーストと併用して仕上げる事もあります。
イメージでいうと革の奥にマスタングペースト、中間層、表面にブーツフィニッシュといった感じです。

最後には豚毛or化繊のブラシでブラッシングでオイルアップ完了です!

大事に履けば何十年も履けるブーツです。
実際修理に出される方の中には、80〜90年代のものを現役で買われ今でも大事に履かれている方も多いです。
長く履けば履くほど愛着も湧いてきます。

是非皆さんも大切なブーツを永く履いてください!!

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair




  

Posted by BECKMAN at 00:18お手入れシューケア商品