お知らせ
人気修理

2016年08月31日
REDWING 875 タグから見る年代の見分け

こんにちは。
谷口です。


本日やっと以前告知させていただいた、

レッドウイング 年代の見分け方

になります。


今回はレッドウイングの顔ともいえる、875をメインに年代紹介をさせていただきます。
たまに875以外の画像も使用してますがそこは気にしないで下さい(スミマセン…)



まずアイリッシュセッター(875)が誕生したのは1950年代中頃と言われています。

①50〜60年代中頃 「刺繍スクエア犬タグ」




②60中頃〜70年代前半 「プリントスクエア犬タグ USA表記なし」




この頃までタグにはUSA表記がありません。
理由は国外での販売をしていなかった為です。

このタグで復刻されているものもありますが復刻はサイズ表記など記載された白いタグが内側に付いています。


③70年代前半〜80年まで 「プリントスクエア犬タグ MADE IN AMERICA」




④80年〜90年初期 「プリントスクエア犬タグ MADE IN USA」



875に関してシューレース根元の四角いカンヌキ(スクエアステッチ)85年ぐらいまで存在します。




⑤90年〜96年 「半円タグ」





半円タグからレジスタッドマークがつきます。
半円タグは色々なモデルがあります。

タグがベロ裏、色が白→黄色

タグがベロ表、REDWING SHOE CO. MADE IN USA表記あり→表記なし→MADE IN USAのみ表記(すべてIrish Setter表記あり)



右足の履き口内側にあった刻印〜94年まででそれ以降はベロ表(製造年のみ)に変更。
ちなみに右が「年」で左が「月」です。

⑥96年〜97年 「犬刻印」



両足踝外側に刻印のみになりました。


⑦90年後期 「新 プリントスクエア犬タグ」



875以外のシリーズにつきます。
ベロ表→ベロ裏(〜99年)
80年代のタグとはMADE IN USA表記の場所が違います。

⑧90年後期〜00年 「縦羽タグ」



⑨00年前後 「刺繍羽タグ」



昔の青タグのデザインに似ています。

⑩03〜 「現行タグ」



最初の頃は日本サイズ表記がありませんでした。


ビンテージデニム等でもよくあるのですが、赤耳の年代の割には明らか70年代以前のデニム使っていたり、タグが変更したはずなのに前のタグを使っていたりとおそらく余っていたから、あるから使ってしまおうというアメリカならではの適当さがレッドウィングでもたまに見られます。
なので例外ももちろんあります。
物によっては当たり外れもあったりと日本人を悩ますあたりもMADE IN USAならではと許してしまいますね。

明らかに2000年を超えたあたりから革質が変わってきてしまっています。
大量生産が関係していると思いますが、そんな事からかやはりオールドレッドウィングは人気があります。
直してでも履きたい!と思うのも自然な事かもしれません。


皆さんもお持ちのレッドウィングをみて年代確認してみて下さい。
中古で購入して以外と古いものだったりすると余計愛着が湧いたりしますよ!
大切なブーツのお手入れも忘れずに!!



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!夏のキャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  
Posted by BECKMAN at 00:01Irish setter

2016年08月30日
2937ラインマン×Vibram#2021+ダブルMIDソール

こんにちは。



台風被害大丈夫でしょうか?
今年は多くなるんじゃないかと言われているので気を付けていきましょう。





2937ラインマン・ラグ。
純正でVibram#132装着のタフなモデルです。
こちらをVib#2021ベージュダブルMID(3.5㎜+3.5㎜後ろのみ・ライトブラウン)でソールカスタムです。





自分はヒールが低い方が歩きやすいと感じます。
が、当然ヒールが高い方が歩きやすいと感じる方もいらっしゃいます。
さらにクッションも欲しいということになれば、ヒール付きのツーピースソールではなく今回のような仕様が望ましいかと。

こちらで13,260円+税でした。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!夏のキャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:11Lineman

2016年08月29日
875×Vibram#4014+カビ取り・丸洗い

こんにちは。



ジワジワとご注文やお問合せが増えてきました。
シーズンインはもうすぐです。
ソールの減り具合やカビのチェックお願いします!





875アイリッシュセッター。
カビ取り・丸洗いをしてからVib#4014VibゴムMIDでオールソールです。





90年代特有のテカリが出ています。
永く履くためには、このテカリはNGです。
これは水性汚れ落としを使用せずにオイルやクリームを塗り続けることにより生じたテカリです。
お手入れに正解はありませんが、修理屋視点からのお手入れ方法をコチラでご確認していただけます。⇒「オイルレザーの手入れ

何かしらの修理をご注文いただけましたら手入れはサービスで行います。
ソール交換とご一緒でしたら丸洗いもオススメですよ。

今回のソール+MIDで10,870円、カビ取り・丸洗いで3,810円でそれぞれ消費税をいただいております。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!夏のキャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:09Irish setter

2016年08月28日
8148スエードロメオ×Vibram#4014+ゴム交換+丸洗い

こんにちは。



朝晩が少しだけ過ごしやすくなってきましたね。
自分は長袖+ショートパンツで出勤しました。
そろそろ衣替え=物欲が出てくる時期です。





8148スエードロメオを丸洗い後にVib#4014レザーMID3.5㎜(ナチュラル)でソール交換しました。
ゴム交換(4パネル)もしています。





見違えるほど綺麗になりました!
下駄箱に眠っているレッドウイング、汚いからと諦めていませんか?
出来る限り綺麗にしますよ。

ソールはMID含めて10,870円、丸洗い2,860円、OX丈のゴム交換は1パネル2,390円でそれぞれ消費税をいただいております。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!夏のキャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:04otherミシン修理

2016年08月27日
866×Vibram#100

こんにちは。



昨日和歌山に行ってました。
行きのSAで食べた和歌山ラーメン、大失敗の後、リベンジで帰りのSAで食べた和歌山ラーメンがヒット!!

― ラーメン屋があれば入るまで byラーメンハンター






866ペコスです。
Vib#100レザーMID3.5㎜(ダークブラウン)+ゴムMID黒でオールソール。
ヒールベースは1枚だけ挟んでいます。







ペコスはローヒールがおススメです。
ヒールを高くすると少なからず前に滑るのですが、足首を固定するものがないからです。

※丸洗いはしていません

こちらの組み合わせで14,290円+税でした。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!夏のキャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:11Pecos