お知らせ
人気修理

2017年04月12日
アメリカ仕入れ

こんにちは。
谷口です。


本日は昔古着屋で働いていた頃のアメリカ仕入れの話です。
といっても服の画像は有りませんが。。


僕が初めてアメリカに行ったのは確か22、3歳頃でした。
ビンテージのCOLORADOと書いたTシャツを着ていたのですが、関空で早速アメリカ人に「コロラド出身かい?」といじられまくりのスタートでした。

いざアメリカに着くと衝撃だらけだったのを覚えています。

僕らはレンタカーでひたすら各州、町を移動してひたすらスリフト(女性の下着まであるリサイクルショプみたいな店です)を回りまくるといった感じです。
何回かゴツいおばさんが下着を合わせ「どう?」と聞かれ、僕は満面の笑みでGOOD!とお応えさせていただきましたね。



ヴィンテージショップ業者に会ったりも有りましたがほぼスリフトでしたね。
大きな所だと体育館程の大きさがあり、その中に服、小物等が大量に有るのですが取れて服数枚といった感じですね。。
10数年前スウェットの前Vとかごろごろあったとオーナーに言われました。(今からだと20年以上前の話ですね)
とにかくヴィンテージと呼ばれる物はほぼ無く、
「古着屋はやっていけるのか?」
とまじめに思いました。

ただその頃はファイヤーキング耐熱グラス等の雑貨はちらほら出ていたのですが、3年程前に行った時は服、雑貨ともにかなり激減していて日本の古着屋、ヴィンテージインテリアショップの方達の大変さを更に実感しました。


スリフトで見つけたイームズ3連エアポートベンチです。
確か20ドル程だったのですが車に乗らず断念。。

移動は長くて8時間ドライブがあり、20時にスリフト閉店→次の町へ8時間移動→スリフトショップ前で8時オープンまで車内で仮眠といった最悪の流れもありました。
他のいろんなお店で話を聞くと10時間以上の移動もあるそうですよ。。

オーナーと行った時はモーテル6で寝泊まりしていたのですが1人で行った時はお金が無いという事もあり9割車中泊でした。。

モーテル6


車中です。
ここで寒い時は寝袋を使って寝ます。

ご飯は基本マクドナルドで済ませていました。
よくサイズが大きい?と聞かれるのですが変わりません。
ただドリンクのサイズは半端無く大きく僕がLサイズを持っているとアメリカ人の子供に笑われまし。。


確か中華系のお店です。
よくあるワンプレート盛です。
こんな米でも美味しく感じます。


ピザです。
左上の携帯でサイズが分かるかと思います。
味は日本とほぼ変わりません。
もちろん1人で食べました。


アメリカでもラーメンは外せません。
味は普通です。

といった感じで仕入れをしていました。
やっぱりアメリカは今でもよく行きたくなりますね。




第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair











  

Posted by BECKMAN at 00:02谷口!