お知らせ
人気修理

2017年05月31日
アレンエドモンズ

こんにちは。
谷口です。


今大阪店では期間限定でレッドウィング以外のブーツ修理も承っておりますが、皆さんは普段例えばスーツの時等は何を履かれていますか?

スーツと言っても仕事や冠婚葬祭など色々なシーンがあると思います。
そんな時もやっぱりアメリカにコダワリを持った靴を選んでいるとなんとなく気分が上がりますよね。

本日紹介するのはアレンエドモンズです。




画像の靴は僕が冠婚葬祭でたまに履くホールカットのアレンエドモンズです。

アレンエドモンズはオールデンとともに今でもMADE IN USAに拘る数少ないメーカーです
アレンエドモンズが採用している製法は「360度グッドイヤーウェルト製法」と言われるもので、靴の「前部」だけでなく、「全部」がグッドイヤーウェルト製法です。
かかと部分までこの製法で作られているので、長時間の歩行に向いていると言われています。
履き心地の特徴としては、比較的靴底の返りが良く「履きならしの要らない靴」と宣伝されていました。

普段ブーツを履いていてもスーツのとき等TPOに合わせたアイテムにもコダワリがあるとオシャレ度もぐっと上がりますよね。
ブーツメインの人はなかなか履く機会が少ないかもしれませんが、そんな方に是非おすすめのMADE IN USAのメーカーです!!

第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:16その他

2017年05月30日
9014ベックマンブーツ×Vibram#1010+カウンター作成+カビ取り・丸洗い

こんにちは。



今年もTeeを作ることになりました!
他にも色々作ると思います。
乞うご期待!!









9014ベックマンブーツです。
カビが凄いです。。。
カビ取り+丸洗い後にVib#1010VibゴムMIDケツハチ作成(アウトステッチ全周縫い)でソール交換。
カウンター(カカト芯)作成もしています。









Redwingの中では最もカビの生えやすいモデル、ベックマンブーツ。
夏場は履かないから・・・、と言って下駄箱や靴箱に入れたままにしておくと凄く危険です。
原因はハーフソールとトップリフトの材質に有り!!
なるべく履いてあげるか、いっその事修理に出していただいた方が安全かもしれません。

こちらのソールの組み合わせで12,500円、カビ取り・丸洗い3,500円、カウンター作成は片足で腰裏補修代金+2,500円で全て税抜きになります。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:08Beckman bootsミシン修理

2017年05月29日
9106×Vibram#132+クイックレース+丸洗い

こんにちは。



6月のいつになるか確定していませんが、BECKMAN神戸でキャンペーン的な事をしようかと考えています。
詳細は全然決まっていないので、確定次第ブログで告知させていただきますのでチェックお願いいたします!






9106を丸洗い後にVib#132ゴムMIDでソール交換です。
クイックレース(1-3段目・ノーマル・シルバー)にも交換しています。





赤のクリーム?をご使用なさってらしたようで、色が褪せているところはスッピンに戻ったということになります。
9106をはじめとするオイル含有量の多い革(オロラセット・オロイジナル・ラフ&タフ等々)にクリームを使用し続けると、革内部のオイル成分が外に出ることができなくなり内部で湿気が溜まり、結果黒カビを生えさせる一因になります。
ですので、なるべくオイルのみで仕上げて深みを戻してあげる方が良いのでは、とBECKMANでは考えております。
これが絶対に正解というわけではありませんので、一つの意見として参考にしていただければ幸いです。

ソールは12,000円、丸洗い3,000円、クイックレースは1個500円で全て税抜きになります。



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:03靴修理その他Irish setter

2017年05月28日
9268-クロンダイク×シャフトカット

こんにちは。



最近は朝7時台に店舗に到着することが多くて、その甲斐あってか、作業が捗って仕方ありません。
昨年はSALEでバタバタの5月6月でしたが、今年はすごく余裕を持った毎日を過ごしております。
6月に入ればさらに納期短縮も考えております。
SALEはしていませんが、こちらは行っております。⇒「この時期からのサービス
ご注文お待ちしております!!!





9268クロンダイクのエンジニアです。
ビフォーを撮り忘れていたので他のお客様の9268を拝借しています。。
シャフトカットでショートエンジニア同様の8インチ丈に。
履き口折り返しベルト位置V字カットタグ移植等々、製品に極力近付けております。




これで着脱が凄く楽になります。
暑い時期にもエンジニアを履きたいというお客様にも良いかもしれません。
とにかく、クロンダイクのショートエンジニアは現状販売されていないので、それだけでも少しテンション上がるかもです。

シャフトカットは一律で20,000円+税になります。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:14Engineerミシン修理

2017年05月27日
877-AMERICAタグ×Vibram#705茶+フロントダブルMID+丸洗い

こんにちは。



落ち着いてきたので期間限定でRedwing以外の修理も承っているRedwing修理専門店ベックマンの松村です。→「今年もやります、あの企画!! ※SALEではありません。。
記事をUPした影響からか、今年は色んな靴の色んな相談をいただいております。
新鮮で凄く楽しいです!
ベックマン以前の勤務先やベックマン神戸店での経験から、おおよその回答はさせていただけます。
この機会に靴のことは何でもご相談ください!
いや、相談はいつでもOKです。書いてておかしいと気付きました。









AMERICAタグの877です。
丸洗い後にVib#705茶ダブルMID(4.5㎜+2.8㎜前のみ・ライトブラウン)でソール交換です。
ヒールはVib#468ストレートに。
アウトステッチは茶糸で。
スクエアステッチほころび縫いもしております。









解禁してからハーフラバーソール×フロントダブルMIDソールの組み合わせ、多数ご注文いただいております!
リスクは必ずお伝えします。
とにかく見た目がヤバいですね!(良い意味で!)

ソールの組み合わせは16,500円、丸洗い3,000円、ほころび縫いは800円~で全て消費税をいただいております。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair









  

Posted by BECKMAN at 00:13Irish setterミシン修理