お知らせ
人気修理

2017年11月21日
2913ラインマン×Vibram#232

こんにちは。


寒すぎてモッズパーカーにフードを取り付けました。
数日前にキルティングライナーも装着しているので早くも完全体です。

最近寒いとか冬将軍到来とか、季節ネタが多いのですがお察し申し上げます。。




1度ソール交換させていただいた2913ラインマン。
Vibram#232+レザーMID2.8㎜+ゴムMIDの、アウトステッチ以外黒仕様です。






ビフォーアフター色目は同じですが全く印象が違いますね。(って、当然ですが。。)
最近ジワジワ人気の#232ですが、スッキリしていておススメです。

こちらの仕様で13,500円+税です。


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:12Lineman

2017年11月20日
1907×Vibram#4014+ほころび縫い+丸洗い

こんにちは。



寒い中多くのご来店に感謝です!!
店内は今日から暖房を稼働させました。
東北のお客様からの情報だと初雪もあったそうです。
完全に冬。
個人的にはそろそろパッチ(レギンス?タイツ?)を投入しようかと思っています。






1907を丸洗い後にVibram#4014ゴムMID茶でオールソールです。
カカト周りのほころび縫いもしております。






お手入れ相談の多いラフ&タフ。
ベックマンでは純正に近い仕上がりになるようにお手入れさせていただいております。→「ラフ&タフ

履き込むにつれて表情が変わってくるラフ&タフレザーですが、状態に応じて手入れを変えていっても面白いかもしれません。
それが可能なレザーです。

MID込みでソール交換10,500円、丸洗い3,000円、ほころび縫いは800円~で全て税抜きになります。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  

Posted by BECKMAN at 00:02Irish setterミシン修理

2017年11月19日
9075アイリッシュセッター×Vibram#100-ゴムMID+クイックレース交換

こんにちは。



ベックマン神戸のノベルティですが、今年はノベルティではなく周年記念商品の販売になりそうです…。
期待していた方申し訳ありません。
まだ確定ではありませんので、少しの希望は持っていてください。
と言っても、そんな大したものではありませんが。。。





9075アイリッシュセッター。クロム鞣しではなくタンニン鞣し=くたっとしている黒セッターです。
Vibram#100ゴムMID黒アウトステッチも黒糸でヒールベース無しの直付け仕様です。
クイックレース(ノーマル・3‐4段目・シルバー)にも交換しています。






ソール面は白糸に。
ソール交換したての靴は最初硬さが出ますが、それを緩和するためにはゴムMIDのシングルにするのは一つの手段です。
ラストを入れて作業していきますが、レザーMIDと違いゴムMIDにはコシがないため、二つを比べると形の矯正はそこまで出来ないのでご了承ください。

今回の仕様で13,000円、クイックレースは1個500円でそれぞれ消費税をいただきます。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:14Irish setter

2017年11月18日
8875アイリッシュセッター×Vibram#100ハニー+丸洗い

こんにちは。



明日から関西でも本格的な冬型の気圧配置になるそうです。
丸洗いが億劫になりますが、ドシドシご注文下さい!!




一度ソール交換している8875アイリッシュセッター。
カビ取り・丸洗い後にVibram#100ハニーレザーMID4.5㎜(ナチュラル)にてカスタムです。




10月の台風でカビが生えたりシミができたというご相談を多くいただきます。
もちろん早めの対処が良いです。
本格的なブーツシーズンでお預かりさせていただかないといけませんが、なるべく早くお渡しできるようにします。
年末年始は納期が長くなるので、ソール交換含め早めのご注文お願いいたします!!

ソールの仕様は14,500円、カビ取り・丸洗い3,500円で共に税抜きです。



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair








  

Posted by BECKMAN at 00:07Irish setter

2017年11月17日
ベックマンなどのお手入れ

こんにちは。
谷口です。


本日はレッドウィングのクラシックドレスライン(ベックマン、キャバリーチャッカ)のお手入れ紹介になります。





ステインリムーバーorクレンジングウォーター古いクリーム汚れなどを取り除きます

こちらは毎回使う必要はなく、2、3回の手入れのうち1回か、雨の日に履いた後に使用していただく事をオススメします。
特に雨の日の翌日は、塩浮きと言って靴の中の水分がでていくのと同時に靴の中の汗などが表面に浮かび上がり、アッパーに白い模様が浮かび上がることがあります。
この表面に浮かび上がってきた汗などの塩分を取ってあげる事により"塩浮き"を抑えることが出来ます。

クレンジングウォーターは汚れ落としに天然成分が加わり、さらに革に優しくを実現した商品になります。
ステインリムーバーより少しトロッとしており、革に刺激を与えず汚れを取る事が出来、さらに落とした後の革に栄養分も入るのでしっとりした仕上がりになります。
お気に入りのスムースレザーにはオススメです。



靴クリームを入れます

ベックマンではM.MOWBRAYクリームナチュラーレを使用しています。
天然成分特有のいい匂いがし、更に革に栄養と光沢を与えてくれます。
靴の状態が綺麗なうちはニュートラル(無色)を使用し、革本来の色、艶を楽しむことをオススメします。
傷や色の抜けが出て気になるようでしたら、補色クリーム等を使用して下さい。
(ステッチが白い靴は色が移るので気をつけて下さい)
クリームを使用した後は豚毛化繊のブラシでブラッシングして下さい。

最後に防水スプレーを振ってもらえばお手入れ完成です。
今回紹介した手入れ方法は、もちろん他のドレスシューズにも応用していただけるので是非、参考にしてみて下さい!!



※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair