お知らせ
人気修理

2018年06月07日
CAT'S PAW

こんにちは。
谷口です。


本日はビンテージワークブーツによく付いているキャッツポウ(CATS PAW)についてです。

今では復刻もされているので目にする機会は多いかもしれませんが、中古で買ったブーツにキャッツポウが付いているだけでテンションが上がりました。



キャッツポウアメリカ・メリーランド州ボルティモアにて1904年に設立されました。
60年代に入りキャッツポウは大手ラバーメーカーに吸収されブランドは消滅してしまいます。
今でもデッドストックを探されている方は多いですが、品質としては劣化してしまっている物がほとんどです。が、ディスプレイとして探されている方が多い程ビンテージ、ブーツ好きの間では有名なメーカーです。

特徴的な黒猫のデザインですが、ポスターグラフィックデザインで活躍していたルシアン・ベルンハルト氏によってデザインされ、1936年に商標登録されています。

今まで見えない部分のソール部に対しここまで特徴的なデザインを持たせたのは後にも先にもこのキャッツポウソールのみと言われています。
白い部分はキャッツポウドットと呼ばれ、グリップ力に優れ肉球とも呼ばれています。
そしてこれが2つ付く事からTWIN GRIPPERという謳い文句で当時の広告に載っています。


ちなみにキャッツポウヒールはビブラムに比べると少し硬く、履き心地があんまり...という方もいらっしゃいます。
もしキャッツポウヒールに交換する際はお気をつけ下さい。

皆さんももし古いブーツをお持ちでしたら是非見てみて下さい!


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 00:02靴修理その他材料