お知らせ
人気修理

2011年02月06日
エンジニアのベルト補強

こんにちは。



エンジニアはセッターに次いでお預かりの多いモデルです。
特にPT91が多いです。
10年以上前の製造になるので、レザーは厚くていいんですが、それなりに劣化しているモノも多いのが現実。
例えばこんな感じで。






エンジニアのベルト補強






革を加工して近いベルトを作成することは可能です。
しかし、絶対にベルトだけ浮いてしまいます。
何故なら、そこだけ新品だから。

ということで、当店ではこんな感じでご提案させていただいております。








エンジニアのベルト補強





これは僕が勝手に決めたのですが、お客様ご自身で絵を描いてご指示いただければそんな感じで仕上げます。
これで800円~1,600円になります。



ついでに3,500円でリフトも交換です。




エンジニアのベルト補強







同じカテゴリー(靴修理その他)の記事画像
2268エンジニアブーツ-PT91×リウェルト(スチール抜き)+Vibram#705茶+ライニング革当て+カビ・丸洗い
2015ハンツマン×クイックレース-ハトメ上から打ち込み
adidas‐GAZELLE/ガッツレー×Vibram“XS CITY”
同じカテゴリー(靴修理その他)の記事
 2268エンジニアブーツ-PT91×リウェルト(スチール抜き)+Vibram#705茶+ライニング革当て+カビ・丸洗い (2020-03-31 00:15)
 2015ハンツマン×クイックレース-ハトメ上から打ち込み (2020-03-21 00:08)
 adidas‐GAZELLE/ガッツレー×Vibram“XS CITY” (2020-03-05 00:08)