お知らせ
人気修理

2011年06月07日
丸洗い(クリーニング)について

こんにちは。




今日店内に蜂が入ってきて大変でした。
丸洗い中だったのですが、ちょうどお客様から、


「丸洗いってどれくらい綺麗になるんですか?」


というお問い合わせがありました。
と言うことで、今日は丸洗い途中のセッターをご覧ください。












元はライトブラウンのセッターなんですが、左が長年オイルを入れ続けたセッター(濡らした段階で洗う前)。
右が洗い上がりです。


元々、丸洗い(クリーニング)菌を殺すということに重きを置いています。
汚れを落とすのはついでに綺麗にしましょか的な感じなんですが、せっかくなら綺麗にしたいので頑張ってしまいます。


何度かお伝えしていますが、人間の肌をイメージしてください。
朝の洗顔は何のためにするのか?


そうです、毛穴の中の汚れを取るためですよね。
それと同じです。
古いオイルを塗り足していくとどうなるか、わかりますよね。

BECKMANでは数種類の水を使用し、使い分けております。
ライニング(内側)はウェスを湿らせて、洗うというよりは濡らしていく感じです。
その後ひたすら拭きます。
その際に使うのは強酸性の水。



文章がよくわからなくなってきたのでこの辺で終了します。
とにかく出来る限り綺麗にします。
思っているほど綺麗にならない場合もありますが、それは許してください。



丸洗いは、今なら1~2週間いただきます。
一律3,000円で、カビ有りの場合は4,000円になります。


ダメっす。
眠気が襲ってきました。
おやすみなさい。



タグ :丸洗い


同じカテゴリー(お手入れ)の記事画像
ベックマン磨き/イングリッシュギルド
オイルドレザーに使用するオイルとブラシの種類
オイルドレザーのお手入れ
同じカテゴリー(お手入れ)の記事
 ベックマン磨き/イングリッシュギルド (2018-11-15 00:02)
 オイルドレザーに使用するオイルとブラシの種類 (2018-10-04 06:56)
 オイルドレザーのお手入れ (2018-05-07 00:11)