お知らせ
人気修理

2012年10月22日
腰裏革当て補修

こんにちは。

吉田です。







今日はいくら綺麗に履いても確実に擦れて穴があいてしまうカカトの内側(足が当たる部分)のお修理です。
俗に言う腰裏革当て補修です。
※元穴を縫い直すのでステッチも綺麗になります。













この部分には芯(カウンター)が入っております。
なので、ここが破れてくるとこの芯が丸見えになり、そのままにしておくとカウンターが潰れてきて靴の型崩れがおきてしまいます。
そして、その芯の部分を直すとなると靴を作るところから始めなければなりません。
そうなると履き心地は勿論、お時間・修理代金が高額になったり、修理できない場合もあります。

ですので、早め早めで対応お願いします。
こちらからも受付の際必ずチェックしておりますので危なかったらご提案させていただくと思います。

破れてしまう前にご相談下さい。




同じカテゴリー(ミシン修理)の記事画像
875アイリッシュセッター半円タグ×Vibram#2021+カウンター交換+丸洗い
1907クラシックモック×リウェルト+Vibram#4014+モカヌイ+丸洗い
8002ワークオックスフォード×Vibram#4014+VibramゴムMID“白”+腰裏革当て補修
同じカテゴリー(ミシン修理)の記事
 875アイリッシュセッター半円タグ×Vibram#2021+カウンター交換+丸洗い (2019-01-18 00:04)
 1907クラシックモック×リウェルト+Vibram#4014+モカヌイ+丸洗い (2019-01-17 00:16)
 8002ワークオックスフォード×Vibram#4014+VibramゴムMID“白”+腰裏革当て補修 (2019-01-10 00:15)