お知らせ
人気修理

2012年10月26日
腰裏補修の革

こんにちは。


本日は腰裏補修に使う革について。





腰裏補修ですが、カカト内側の革だけ外してというのは厳しいのでカウンター部分に上から1~1.2㎜の革をカウンターと同じ形に切り出した後張り付け、カウンター部分をステッチで縫い直します。
勿論元穴に針を落として縫い付けます。


革もできるだけ元と同じような革を使用しますので見た目はほとんど変わりません。
スエードが多いですがスムース革でもできますのでご希望あれば一度ご相談下さい。

ドレスシューズよりも1~1.2㎜と分厚い革を使用しますので、サイズ感は微妙に変わるかもしれません


まだまだかなりの足数のREDWINGをお預かりしております。お待たせして申し訳ありません。
最近寒くて朝なかなか布団から出られませんが明日も朝からフルパワーで頑張りますのでよろしくお願い致します。




同じカテゴリー(材料)の記事画像
Vibram#705 こんなのあります
Vibram#2333
Vibram#435
同じカテゴリー(材料)の記事
 Vibram#705 こんなのあります (2012-10-14 21:14)
 Vibram#2333 (2012-08-27 19:55)
 Vibram#435 (2012-08-19 19:03)
Posted by BECKMAN at 23:31 │材料