お知らせ
人気修理

2013年11月07日
9105×Vibram#2021黒

こんにちは。




最近通勤の際に、ALDENとかSandersといったドレスシューズを着用しています。
普通にRedWingとかボロボロのVansとかが多かったのですが、靴以外が古着だったりスポーティー過ぎたので足元だけは少し背伸びしてみようという想いから。
こういう仕事しているのですが、足は意外と鈍感でどんな靴履いてもそんなに疲れません。













9105にVib#2021黒レザーMID2.8㎜でソール交換です。
コバは粗目無しの削りっぱなしです。














ワックスや染料を加えない削りっぱなしは雨や汚れを吸収しやすいです。
言い換えると、最も自然な汚れ方をしやすい仕上げとも言えます。
個人的には飽き性なところがあるので、変化の出やすいこの仕上げは好きです。

10,900円でした。






同じカテゴリー(Irish setter)の記事画像
8180×Vibram#4014+履き口パイピング交換+丸洗い
8165×リウェルトWステッチ+Vibram#2021+腰裏革当て補修
875BOXタグ×Vibram#705+ダブルMIDソール+クイックレース
同じカテゴリー(Irish setter)の記事
 8180×Vibram#4014+履き口パイピング交換+丸洗い (2017-06-25 00:09)
 8165×リウェルトWステッチ+Vibram#2021+腰裏革当て補修 (2017-06-20 00:08)
 875BOXタグ×Vibram#705+ダブルMIDソール+クイックレース (2017-06-19 00:03)