お知らせ
人気修理

2015年05月23日
2126×Vibram#700‐セメント製法⇒ブラックラピド製法

こんにちは。



2126×Vibram#700‐セメント製法⇒ブラックラピド製法


2126。
ヴィンテージライクな風貌ですが、現行なんです。おそらく並行だと思います。
こちらをVib#700レザーMID3.5㎜でソール交換です。


2126×Vibram#700‐セメント製法⇒ブラックラピド製法

2126×Vibram#700‐セメント製法⇒ブラックラピド製法


何度かご紹介しているブラックラピド製法

元々セメント製法=接着剤だけでソールを張り付けてあります。
ソールを剥がして3.5㎜のレザーMIDを張り付け、中底=インソールと3.5㎜を縫い付けます。
それをウェルトとして利用し、#700ソールと縫い付けます。


ラッセルモカシンやローファーで有名なBASSでこのブラックラピド製法を多く見られます。
多くがシングルMIDソール、もしくはアウトソールにEVAソールや柔らかいソールが使用されていることが多く感じます。
この製法では、ダブルMID=今回の仕様に1枚MIDを追加すると非常に硬く、返りが悪くなりすぎるので気を付けてください。

製法を変えているので少しプラス料金を含めて14,770円+消費税になります。





同じカテゴリー(other)の記事画像
NIKE/Air max'95×Vibramランニングソール
クイックレースのすゝめ
HY-TEST×リウェルト+中底交換+Vibram#700-キャッツポウヒール
同じカテゴリー(other)の記事
 NIKE/Air max'95×Vibramランニングソール (2019-09-16 00:12)
 クイックレースのすゝめ (2019-09-05 00:08)
 HY-TEST×リウェルト+中底交換+Vibram#700-キャッツポウヒール (2019-08-17 00:03)
Posted by BECKMAN at 00:17 │other