お知らせ
人気修理

2017年09月15日
#8165

こんにちは。
谷口です。

本日はレッドウィングのモデルの中でも常に人気のある#8165にの歴史についてです。

#8165は1953年に登場した#766の復刻モデルとして登場しました。
#766の初期モデルにはコレクテッドグレインレザーを採用しており、1985年に登場した#8165にもコレクテッドグレインレザーを使用し復刻しました。
(当時カラーは黒とチョコブラウンがあり品番で分けていたようです)
その後91年頃まで製造されましたが、革の供給が困難となり廃番となってしまいブラッククロームレザーに変更になりました。

ちなみにコレクテッドグレインレザー=ガラスレザーになります。

そしてその後、初期の#8165(チョコブラウン)の復刻版として登場したのが#8160になります。


こちらが#8165のガラスレザー?になります。
ただ正直#8165のチョコブラウンではなく黒のガラスレザーは見た事が無く、調べても画像は見当たりませんでした。
もう少し調べてみます。。


こちらは最近フリークスストアから8165のガラスレザー(ブラック)として別注された#8823になります。
まだアジが出ていないのでどんな雰囲気になるかは分かりませんが、意外とこのモデルを待っていた方も多いのではないでしょうか。


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair









同じカテゴリー(Irish setter)の記事画像
1903ミュールスキナー×Vibram#4014+VibramゴムMID‘茶’+丸洗い
875アイリッシュセッターBOXタグ×Vibram#132+丸洗い
8179アイリッシュセッター×シャフトカット
同じカテゴリー(Irish setter)の記事
 1903ミュールスキナー×Vibram#4014+VibramゴムMID‘茶’+丸洗い (2018-06-01 00:14)
 875アイリッシュセッターBOXタグ×Vibram#132+丸洗い (2018-05-23 00:19)
 8179アイリッシュセッター×シャフトカット (2018-05-13 00:15)