お知らせ
人気修理

2018年10月19日
KANAYA BRUSH/カナヤブラシ

こんにちは。
谷口です。


本日ご紹介するアイテムはKANAYA BRUSH(カナヤブラシ)です。






左 馬毛 ¥5,900+TAX / 右 豚毛 ¥5,900+TAX

ブラシに関してはあのHIRANO BRUSH(ヒラノブラシ)が無くなり後継モデルとしてSANOHATA BRUSH(サノハタブラシ)をベックマン大阪、神戸共に取扱いしております。

もちろんサノハタブラシもオススメです。→コチラをご参照下さい。


そして本日ご紹介するカナヤブラシはもちろんMADE IN JAPAN


まずはカナヤブラシについて

現在も本社を置く東京・台東区今戸で創業したカナヤブラシ産業株式会社は、1914年(大正3年)の創業。すでに100年を超す老舗企業。
当初は、家業を示す大内刷毛(はけ)店と称していたが、それを戦後、カナヤブラシに改名したのだという。その理由は、戦災で京都府舞鶴市金屋町に疎開した折り、その地でとてもお世話になり、その恩を生涯、忘れないためだったそうだ。この義理堅く律儀な性格を知れば、これまでの長い間、職人気質の実直な商売を続けてきたことが伺える。


ブラシには上質な馬毛、豚毛を使用し、職人が丁寧に手植えで製作したものです。
実は靴に関わる職人からはとても人気のあるメーカーです

実際ベックマンでもヒラノブラシ以降色々な物を試した内の1つで非常にオススメのブラシです。


左は店舗使用のカナヤブラシ(豚毛)です。



画像のブラシは豚毛で結構"育って"います。
毛足が長く踏まず部分までしっかりブラッシング出来ます。
そして小判型のコチラは手にフィットしやすく、アッパーにも当たりにくいので(当たったとしてもキズにはまずなりません)細かな事は気にせずガッツリ磨く事が出来ます。

価格は少々高額になりますが一生物と思えば安いのではないでしょうか。
カナヤブラシは大阪店のみでのお取り扱いになりますので、気になる方は是非お問い合わせ下さい!!


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






同じカテゴリー(シューケア商品)の記事画像
オイルの比較
オイルドレザーに使用するオイルとブラシの種類
ステインリムーバーの使い方
同じカテゴリー(シューケア商品)の記事
 オイルの比較 (2018-10-25 00:02)
 オイルドレザーに使用するオイルとブラシの種類 (2018-10-04 06:56)
 ステインリムーバーの使い方 (2018-03-26 00:04)