お知らせ
人気修理

2022年11月30日
2268エンジニアブーツ-PT91×リウェルト/スチール抜き+Vibram#148

こんにちは。


〇2022年6月1日より価格改定をしております。
過去記事の修理代金と異なる場合がございますのでご了承ください。



相変わらず寝不足の日々を過ごしていますが、今後も24時/28時スタートらしいですよ、サッカーワールドカップ…。。
観ますけど!!
絶対に仕事に支障のないようにしますのでご安心ください。




レッドウィング2268エンジニアブーツ、PT91の修理です。
リウェルト(フラット・黒・全周縫い)+スチール抜きをしてからVibram#148ダナーライト仕様でソールカスタムです。












最近は先芯抜きが人気ですが、こちらはスチールを抜いて先芯はそのままです。
先芯を残す事でトゥのポッテリ感は維持してくれますが、少しずつ平べったくなってくるイメージです。

スチールを抜いてもトゥの形状を維持したい場合は“先芯作成"で対応できます。
エンジニアのラスト=木型を使用して先芯を作るので、当然ですが綺麗に仕上がりますよ。

それにしても、エンジニアブーツのダナー風カスタム、有りじゃないでしょうか?


リウェルト/スチール抜きは11,000円、Vibram#148+ダナー風カスタムで16,500円になります。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

スタッフTee2022ver.←2022年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair




  

Posted by BECKMAN at 00:23Engineer

2022年11月16日
8268スエードエンジニア-PT91×リウェルトWステッチ/中底交換+Vibram#700アンバー+丸洗い

おはようございます!


〇2022年6月1日より価格改定をしております。
過去記事の修理代金と異なる場合がございますのでご了承ください。



年内間に合うかどうかのご相談も増えてきて、年末が近付いてきている事を実感します。
昨日もシャッター閉めてひたすらに作業進めておりました。
出来る限り年内お渡しできるように頑張りますよ!!


※19日(土)は松村個人的にお休みいただきますので、ベックマン神戸の吉田くんに店頭お任せする予定です。







PT91のレッドウィング8268スエード・ラフアウトエンジニアブーツを修理です。
丸洗い後にリウェルト(フラット・ナチュラル・Wステッチ)+中底交換を。
ソールはVibram#700アンバー+レザーMID4.5㎜でソールカスタムです。










同じトーンで揃えるカスタマイズの好例が、今回のサンドベージュ×アンバー/ハニーの組み合わせではないでしょうか。
実はコレ、履き込んでヤレてきてから更に良い感じになるんですよ。
ガンガン履き込んでください!

そして中底交換。
リウェルトをご検討いただいているお客様、中底のセルフチェックをお忘れなく‼︎
中底交換はリウェルトとセットでしか出来ない修理になりますのでご注意下さい。

リウェルト+中底交換は17,600円~、Vibram#700はMID/ヒール込みで18,700円、丸洗い3,300円でした。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

スタッフTee2022ver.←2022年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 06:46Engineer

2022年11月13日
8268スエードエンジニア-PT91×リウェルトWステッチ/中底交換+Vibram#435+ダブルMID+丸洗い

おはようございます!


〇2022年6月1日より価格改定をしております。
過去記事の修理代金と異なる場合がございますのでご了承ください。



土日はご来店が多く、タイミングによっては長時間お待ちいただく事もございますのでご了承ください。。
昨日は非常に賑わっており、お待ちいただくお客様が多くて申し訳ありませんでした…。
とは言え、受付には時間をかけてじっくりと打ち合わせをさせていただきますのでご理解いただけますと幸いです。






PT91のレッドウィング8268ラフアウト・スエードエンジニアブーツを修理しました。
丸洗い後にリウェルト(フラット・ブラウン・Wステッチ)+中底交換を。
ソールはVibram#435+ダブルMID(レザー3㎜+4.5㎜・ナチュラル)でソールカスタムです。










ボリューム満点仕様!!
ですが、スッキリ見えるのはフルソールではなくハーフソールだからでしょうか。
ヒールの取り付け位置やヒールベースの枚数でも見た目は大きく違ってくるので、そこは経験則からご案内させていただきますのでご安心ください。
ちなみにこちらでベース4枚になります。

また、中底は割れているわけではなかったのですが、今回のようにリウェルトついでにご依頼いただくケースは少なくありません。
確実に割れてくるであろう紙中底の方は是非ご検討下さい。


リウェルト+中底交換はセットで17,600円~、Vibram#435+ダブルMIDは20,900円、丸洗い3,300円になります。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

スタッフTee2022ver.←2022年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 06:46Engineer

2022年11月12日
2268エンジニアブーツ-PT91×Vibram#700+真鍮バックル交換+カビ取り・丸洗い

おはようございます!


〇2022年6月1日より価格改定をしております。
過去記事の修理代金と異なる場合がございますのでご了承ください。








PT91時代のRedwing2268エンジニアブーツの修理です。
カビ取り・丸洗い後にVibram#700+レザーMID3㎜(ライトブラウン)でソール交換しました。
真鍮バックル全交換のご依頼もいただきました。








カチカチに硬化していました。
一度硬化してしまうと中々元には戻せません…
大量に油分を与えてもお腹いっぱいになると吸収出来ませんし、そもそもタンパク質が無くなっている状態だと厳しいかと。。
硬化しているブーツにはマスタングペーストを塗った状態で履いていただき、内側から体温による熱を与えてあげると柔らかくなりやすいかも、と言うのが自身の経験です。

改めて、日々のメンテナンスの重要性を感じます。


こちらの仕様で18,700円、バックル全交換7,700円、カビ取り・丸洗い3,850円~でした。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

スタッフTee2022ver.←2022年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 07:03Engineerミシン修理

2022年11月11日
「茶芯」

おはようございます!


〇2022年6月1日より価格改定をしております。
過去記事の修理代金と異なる場合がございますのでご了承ください。



職業柄、エンジニアブーツは数足所有していますが、ここまで素晴らしい表情のトゥを持ったエンジニアと出会ってしまったら…、ダメです。






こういうのに出会ってしまうと高い確率で購入してしまうので、ネット検索などしないように意識しています。
おそらく自分と同じような方、意外と多くいらっしゃるのでは。
年々玉数が少なくなってきているので、逆にどんどん探して手に入れていかないと、という自分もいますが、独占禁止法に抵触するような事はしません笑

しかし、トゥの表情で購入するか否かを悩めるブーツって、凄いですよね。
いつまで経っても色褪せない素晴らしいブーツです。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

スタッフTee2022ver.←2022年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN at 06:33店長の私的日記Engineer