お知らせ
人気修理

2022年02月07日
Woodlore値上がりします…

おはようございます!


朝から嫌な気分になるかもしれません…。

値上げの波が靴業界にも来ています。
現状、既に靴修理材料は値上がりしています。
どこかのタイミングで価格改定をさせていただく予定ですので、ご理解ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。。

そして、タイトルの通り「Woodlore」のシューツリーも全て値上がりします。





特に画像の“BOSS BOOTS TREE"に至っては9,350円→13,200円に‼︎
3,850円の値上げです…

気になっている方、実際使用してみて良かった方、2月末までのご依頼であればご用意できると思いますのでお早めにどうぞ‼︎
※メーカー在庫が無くなったらご用意できないので、しつこいですがお早めに‼︎‼︎



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair







  
Posted by BECKMAN at 06:34商品お手入れシューケア商品

2021年10月10日
ラフアウトの手入れ

こんにちは。



久しぶりの手入れ記事。
今回はラフアウトです。
スエードの部類に入りますが、加工していない裏革をラフアウトと呼ばれています。




当然ですが、今までの表革とは大きくラインナップが異なります。

〇ラフアウトパック…3,300円~
※ご予算に応じて組み合わせる事も可能ですのでご相談下さい。






では、今回も向かって右側の左足で進めていきます。







まずはスエードブラシでブラッシング。
これはホコリを払うためのブラッシングになります。
そして、乾燥しきっているラフアウトは画像のように毛先が毛切れを起こします。
やはり革にとって乾燥は大敵なのです。

※紙やすりや消しゴムを使用される方も多くいらっしゃいますが、もし使用するのであればこのタイミングではなく、ホコリを払って栄養を与えて、それ以降になるのでお気を付けください。




ホコリを払った後にスエードカラーフレッシュスプレーを始めとした栄養補給をおこないます。
栄養とは油分の事で、例えば気体である防水成分が蒸発したとしても油分がある事で、最低限雨には強い革をキープできますよ。
そして、わかりにくいですが浸るくらいに与えます。
それくらい、ワークブーツのスエード=ラフアウトは毛足も長いですし毛量も多いのです。






前述でもあるように、紙やすり消しゴムはこのタイミングです。
このようなシミがあり、ブラッシングでも綺麗に除去できない場合に使用します。
周辺をゴシゴシするのではなく、削る部分はピンポイント→周辺を馴染ますくらいのイメージですよ。




と、こんなに簡単にフィニッシュできるのがラフアウトの特徴です。
栄養を与える事で色の深みを戻し、退色を遅らせる事が出来ます。
スエードカラーフレッシュを勧める理由は「栄養+防水スプレー」なので、1本で二役の優れものだからです。






そして、甲周りのヴァンプ革に比べると、シャフト部分は復活しやすい場所でもあります。
というよりは、毛足の長い部分を使用している事が多いのでチャンスです。





雨の日には特に活躍してくれる起毛素材。
手入れも簡単ですし、何よりもカッコイイ。
お持ちでない方は今シーズン1足いかがでしょうか??



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

2021年10月04日
ブラシを育てる

こんにちは。






どちらが使い込んでいるブラシかは一目瞭然だと思います。

たまに記事にもさせていただいておりますが、皆さま「ブラシを育てる」は進んでおりますでしょうか??
ブラシも使い続ける事で"道具"となります。
そしてそのブラシでブラッシングするだけで違いを実感できる事により、お手入れが凄く楽しくんるという好循環!!

オススメブラシはコチラをクリックしてみてください→「asakusa KanayaBrush




ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN at 00:03商品お手入れシューケア商品

2021年09月22日
クロンダイクの手入れ

こんにちは。


本日はブラッククロンダイク=茶芯レザーの手入れをご紹介。
これが本当に難しいんです。。
何が難しいかと言いますと、とにかく個体差があり過ぎます。
という事で早速いきましょう!





という事で、汚れ落とし・オイル・クリーム・ブラシをほぼフルラインナップ。
茶色のオイルドレザーの油分を抜いてから黒を塗装している特殊製法のレザーなのですが、おそらく油分の抜け方や黒の乗り方などで使用するシューケア用品がそれぞれ違ってくるという…。
これは各人の手の感覚が問われる瞬間ですよ。

〇クロンダイクパック…2,860円~
※ご予算に応じて組み合わせる事も可能ですのでご相談下さい。





今回も向かって右側の左足を手入れしていきます。






今回はステインリムーバーを。
ここで注意!!
ゴシゴシはダメです
力を入れてゴシゴシすると黒の塗装が落ちすぎます。
そしてここでも個体差により、めちゃくちゃ色抜けしてしまう個体も…。




次にクリーム/オイルの工程ですが、今回はマスタングペーストを。
汚れ落とし後にアッパーを確認してみてください。
油分不足の場合、シワがヒビになりかけています
そしてここでも個体差が。。
そこまで履いていなくてもヒビが入っているクロンダイクもチラホラ見かけます。
今回はやや乾燥が強く感じたのでマスタングペーストなのですが、潤っている状態であれば乳化性クリーム無色で大丈夫ですよ。






20分放置でもここまで吸っています。
オイルかクリームかのチェックポイントは屈曲部分です。




最後に豚毛ブラシでブラッシングをしてフィニッシュ。
ツヤ感をお求めでしたらこの後に乳化性クリームの流れです。




右足も同様工程で完了。
どのシューケア用品を使用してもOKで、それなりに綺麗に仕上がってくれるので簡単と言えば簡単なクロンダイクレザーの手入れ。
ですが、やはり永く履くためのお手入れ。
ひび割れが入ると靴修理屋でも直せません。
そして、クロンダイクはヒビが入りやすい部類になりまして、やはりそういった意味では難しいレザーなのかと。
一つ言えることは、日々のブラッシングは凄く大事で、正常な触り心地を自分の肌感覚で記憶していくという事も同様に大事です。

愛情持ってブーツを観察しましょうという事で笑!!




ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

2021年09月07日
ガラスレザーの手入れ

こんにちは。


思っている以上にご好評をいただいておりますお手入れシリーズ。
本日はガラスレザーをご紹介。
レッドウィングで言うところの101ポストマンのシャパラルレザーですね。
フォアマンやガレージマンなんかも含まれますよ。
ヒビが入りやすいという事でご相談が非常に多いレザーでもあります。




前回のスムースレザーと比べる左端のシューツリーが変わっているのと、防水スプレーが無くなっています。
それ以外では、右上の乳化性クリームはアレンエドモンズ純正以外は全て無色をチョイスしております。

〇ガラスレザーパック…2,860円~
※ご予算に応じて組み合わせる事も可能ですのでご相談下さい。





この状態がビフォー。






まずはシューツリー。
ガラスレザーにはコレが非常に大事です!!
当店ではUSA製Woodlore社のコンビネーションツリーを推奨しております。
なるべく甲のシワが入っていなかった新品状態を記憶させておくことが重要です。

※一概には言えませんが、アメリカ靴にはアメリカメーカーのシューツリーがやはりフィットします。






次に汚れ落としですね。
今回はツーフェイスローションを。
ここでも注意!!
ゴシゴシしてはいけません
あくまでも、表面の古いワックス成分を拭き取る程度の優しい力を意識です。
それだけでもここまで除去できますよ。






そしてペネトレイトブラシで円を描きながら乳化性クリームを。
今回はクリームナチュラーレで、塗布直後の画像がこのような感じ。
仕上げをご確認いただければわかると思いますが、無色でも十分に光ります。
もし黒々とした光り方をご希望の場合は色付きクリームが良いのですが、表面の突っ張りを誘発するので無色に比べるとヒビが入りやすい状態にはなってしまい事をご了承ください。






そしてそして、まさかのカナヤブラシの豚毛でブラッシング!!
皆さま驚かれるかもしれませんが、馬毛よりもやはり豚毛でブラッシングをしてあげた方がしっかりとクリームを延ばせるので、仕上がりが全然違ってきます。
が!!!
短い毛丈の豚毛ブラシでゴシゴシはNGです。
あくまで毛丈の長いカナヤブラシだからこそといったところもございますが、この毛丈ですとゴシゴシやっても傷付けないのでご安心ください。
※カナヤブラシの詳細はコチラ→「asakusa KanayaBrush 入荷!!
その後馬毛でブラッシングをしてフィニッシュです。




右足も同様の工程を施して完了です。
ポイントは、
・靴に合ったシューツリー
・汚れ落としは優しく表面を
・無色の乳化性クリーム
・毛丈の長い豚毛でブラッシング

でした。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair