お知らせ
人気修理

2021年09月22日
クロンダイクの手入れ

こんにちは。


本日はブラッククロンダイク=茶芯レザーの手入れをご紹介。
これが本当に難しいんです。。
何が難しいかと言いますと、とにかく個体差があり過ぎます。
という事で早速いきましょう!





という事で、汚れ落とし・オイル・クリーム・ブラシをほぼフルラインナップ。
茶色のオイルドレザーの油分を抜いてから黒を塗装している特殊製法のレザーなのですが、おそらく油分の抜け方や黒の乗り方などで使用するシューケア用品がそれぞれ違ってくるという…。
これは各人の手の感覚が問われる瞬間ですよ。

〇クロンダイクパック…2,860円~
※ご予算に応じて組み合わせる事も可能ですのでご相談下さい。





今回も向かって右側の左足を手入れしていきます。






今回はステインリムーバーを。
ここで注意!!
ゴシゴシはダメです
力を入れてゴシゴシすると黒の塗装が落ちすぎます。
そしてここでも個体差により、めちゃくちゃ色抜けしてしまう個体も…。




次にクリーム/オイルの工程ですが、今回はマスタングペーストを。
汚れ落とし後にアッパーを確認してみてください。
油分不足の場合、シワがヒビになりかけています
そしてここでも個体差が。。
そこまで履いていなくてもヒビが入っているクロンダイクもチラホラ見かけます。
今回はやや乾燥が強く感じたのでマスタングペーストなのですが、潤っている状態であれば乳化性クリーム無色で大丈夫ですよ。






20分放置でもここまで吸っています。
オイルかクリームかのチェックポイントは屈曲部分です。




最後に豚毛ブラシでブラッシングをしてフィニッシュ。
ツヤ感をお求めでしたらこの後に乳化性クリームの流れです。




右足も同様工程で完了。
どのシューケア用品を使用してもOKで、それなりに綺麗に仕上がってくれるので簡単と言えば簡単なクロンダイクレザーの手入れ。
ですが、やはり永く履くためのお手入れ。
ひび割れが入ると靴修理屋でも直せません。
そして、クロンダイクはヒビが入りやすい部類になりまして、やはりそういった意味では難しいレザーなのかと。
一つ言えることは、日々のブラッシングは凄く大事で、正常な触り心地を自分の肌感覚で記憶していくという事も同様に大事です。

愛情持ってブーツを観察しましょうという事で笑!!




ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

2021年09月07日
ガラスレザーの手入れ

こんにちは。


思っている以上にご好評をいただいておりますお手入れシリーズ。
本日はガラスレザーをご紹介。
レッドウィングで言うところの101ポストマンのシャパラルレザーですね。
フォアマンやガレージマンなんかも含まれますよ。
ヒビが入りやすいという事でご相談が非常に多いレザーでもあります。




前回のスムースレザーと比べる左端のシューツリーが変わっているのと、防水スプレーが無くなっています。
それ以外では、右上の乳化性クリームはアレンエドモンズ純正以外は全て無色をチョイスしております。

〇ガラスレザーパック…2,860円~
※ご予算に応じて組み合わせる事も可能ですのでご相談下さい。





この状態がビフォー。






まずはシューツリー。
ガラスレザーにはコレが非常に大事です!!
当店ではUSA製Woodlore社のコンビネーションツリーを推奨しております。
なるべく甲のシワが入っていなかった新品状態を記憶させておくことが重要です。

※一概には言えませんが、アメリカ靴にはアメリカメーカーのシューツリーがやはりフィットします。






次に汚れ落としですね。
今回はツーフェイスローションを。
ここでも注意!!
ゴシゴシしてはいけません
あくまでも、表面の古いワックス成分を拭き取る程度の優しい力を意識です。
それだけでもここまで除去できますよ。






そしてペネトレイトブラシで円を描きながら乳化性クリームを。
今回はクリームナチュラーレで、塗布直後の画像がこのような感じ。
仕上げをご確認いただければわかると思いますが、無色でも十分に光ります。
もし黒々とした光り方をご希望の場合は色付きクリームが良いのですが、表面の突っ張りを誘発するので無色に比べるとヒビが入りやすい状態にはなってしまい事をご了承ください。






そしてそして、まさかのカナヤブラシの豚毛でブラッシング!!
皆さま驚かれるかもしれませんが、馬毛よりもやはり豚毛でブラッシングをしてあげた方がしっかりとクリームを延ばせるので、仕上がりが全然違ってきます。
が!!!
短い毛丈の豚毛ブラシでゴシゴシはNGです。
あくまで毛丈の長いカナヤブラシだからこそといったところもございますが、この毛丈ですとゴシゴシやっても傷付けないのでご安心ください。
※カナヤブラシの詳細はコチラ→「asakusa KanayaBrush 入荷!!
その後馬毛でブラッシングをしてフィニッシュです。




右足も同様の工程を施して完了です。
ポイントは、
・靴に合ったシューツリー
・汚れ落としは優しく表面を
・無色の乳化性クリーム
・毛丈の長い豚毛でブラッシング

でした。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

2021年09月01日
シューケアは汚れ落としから始めましょう

こんにちは。






M.MOWBRAY/ステインリムーバー
BootBlack/ツーフェイスローション

ブーツを含めた革靴のお手入れの基本中の基本である“汚れ落とし"。
コンディションや普段お使いのシューケア用品でこの2つを使い分けています。もちろん、これ以外にもご用意していますが、大半はどちらかで対応できる事が多いです。









Q.どれくらいの回数で汚れ落としをしたらよいですか?
A.コンディションや履く頻度、ご使用のクリームやオイルで変わってきます。



よくお問い合わせいただく内容になります。
回数を重ねると、表面だけではなく奥の汚れやワックスを取り除けるイメージだとわかりやすいかと。

・2枚目画像→ステインリムーバー1周
・3枚目画像→ステインリムーバー2周


最後のウエス画像、どちらが1周目2周目かわかりますか⁇


正解は…、左が2周目です。
そうなんです!!
2周目の方が汚れが強く浮き出ているのです。
1周目で表面のワックスコーティングを剥がす感じでしょうか。
これを踏まえて、日々の汚れ落としの回数は履く頻度やコンディションに応じて、柔軟に対応していきましょう。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  
Posted by BECKMAN at 00:02お手入れシューケア商品

2021年08月26日
スムースレザーの手入れ

おはようございます!



お手入れシリーズ、まだまだ続きますよ。
今回はフェザーストーンレザーに代表されるスムースレザーをご紹介。




まず左端にシューツリー、右端に防水スプレー、上段にシュークリームと下段にペネトレイトブラシが追加。
代わりにオイルが無くなりましたね。

〇スムースレザーパック…4,400円~
※ご予算に応じて組み合わせる事も可能ですのでご相談下さい。







まずはこの状態からスタート。
靴に合うシューツリーをセットしてから馬毛ブラシでホコリを払います。
今回はWoodlore社Boss Boots Treeを。








そして基本の汚れ落としから。
今回はステインリムーバーです。
まずは光沢が無くなるこのような状態になればOKです。
表面のロウ分が無くなった事で光が吸収され反射しなくなったという事です。






そしてここからがスムースレザーのお手入れの醍醐味。
どのシュークリームを使用するかで仕上がりが変わってくる重要な場面です
当店では主にクリームナチュラーレの無色を使用しています。
クリーム塗布用のブラシであるペネトレイトブラシに少量ずつが鉄則です。
足りなければ追加追加でいきましょう。

※アッパーに白ステッチを使用している場合に色付きクリームを使用する場合は注意してください。
自然な感じで仕上げたい場合は無色がオススメです。





これで終わりではなく、最後に豚毛ブラシでブラッシングです。
オイルのブラッシングと違い、クリームを均一に馴染ませるイメージなのですが、ポイントはコシのある豚毛の毛先を使って伸ばすイメージでしょうか。




画像ではわからないと思いますが、最後に防水スプレー後に馬毛ブラシを。
馬毛ブラシでは熱を与えて、アッパー表面のロウ分をさらに薄い塗膜にします。




これで完成です。
他にも色々あると便利なシューケア用品はございますが、まずはざっくりとこのような流れです。
靴磨きにハマる方の多くはこのスムースレザーが原因ではないでしょうか笑。
それくらい奥が深いのがこちらです。
ご不明な部分はいつでもご相談を。



ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

2021年08月20日
ラフ&タフレザーの手入れ

こんにちは。


前回の「オイルドレザーの手入れ」が大好評(だと信じたい!!)だったので、引き続きメンテナンス記事を。
本日はお問い合わせの多いラフ&タフレザーです。







正解がいくつも存在するこのレザー。
要はオイルヌバックなので、オイルヌバックの手入れ+ベックマン流エッセンスをご紹介です。
前回のオイルドレザーの時よりも、右上のマスタングペースト、右下にスエードカラーフレッシュ/スエード・ヌバックトリートメントが追加です。

〇ラフ&タフレザーパック…6,578円~
※ブラシはオイルドレザー用をお持ちでしたら、そちらをご使用いただけます。
※ご予算に応じて組み合わせる事も可能ですのでご相談下さい。







まずはホコリを払ってから汚れ落とし。
ステインリムーバー/ツーフェイスローションのいずれかでスッピンに近い状態に持っていきます。
今回はステインリムーバーを使用です。

※ラフ&タフレザーの屈曲部分のシワですが、柔らかい素材が故に凄く深いです。
強くこすっても大丈夫なのですが、シワの部分は出来るだけ下から上に持ち上げて、シワの方向にウエスを動かした方が良いですよ。








片足だけでこれだけ取れました。
と言っても、ヌバック=起毛素材なので着色成分も除去してしまいますが問題なしです。







そしてここで!!スエード・ヌバックトリートメント/スエードカラーフレッシュです。
汚れ落とし後にオイルを入れてしまうとギトギトになります。
起毛素材なのでオイルも大量に使用するからです。
それを軽減する目的で、スエード・ヌバックトリートメント/スエードカラーフレッシュのいずれかをスプレーする事で、次に入れるオイル吸収量を抑制する目的があります
前菜のイメージで、少しお腹を膨らせてあげます。

びちょびちょに浸すくらいにスプレーするのがポイントです。
ただ、そうなるとすぐに無くなってしまうので適量に留めた方が良いかもしれません…。。








そしてマスタングペーストです。
BOOTS FINISHでも良いのですが、表面のべた付きの少ないマスタングペーストが純正の状態には近いかと。
いずれにしても、一つ前の工程でオイル吸収量が抑制されている状態なので問題ないと思います。





仕上がりはこんな感じです。
ツヤを出したければ、オイルを乳化性クリーム(ニュートラル)に変えればOKです。
今回は、限りなく純正に近しい仕上がりにしています。




ついに!? エコバッグ販売開始です。」←Teeと同デザインのオリジナルエコバッグ、ご要望にお応えして販売することになりました!!

2021スタッフTeeあります。←2021年版のスタッフTee販売中です!!


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  


※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair